子宮頸がんワクチン-ワクチン接種について不安な方はぜひチェック

子宮頸がん ワクチン 副作用

子宮頸がんは、子宮の出口にある子宮頚部にできるがんの事です。子宮頸がんは遺伝や細胞の変異でなく、ヒトピパローマウイルス(HPV)によって起こされるとされています。子宮頸がんを予防するため、ワクチンが推奨されましたが、このワクチンにより様々な物議を醸しだしているのです。

スポンサーリンク

子宮頸がんのQ&A

Q:子宮頸がんのウイルスは、どうやって感染するのですか?

A:主に営みによって感染されます。その為、営みのある女性がすべて子宮頸がんの発症する可能性があるのです。

Q:なぜ子宮頸がんワクチンを再開するのですか?

A:世界中でHPVワクチンの推奨を中止したのは、日本のみです。その為、子宮頸がん患者が日本だけ増えることが懸念されているといわれています。

子宮頸がんワクチンの副作用

当初、子宮頸がんの副作用は、一般的なワクチンと同様に発熱、倦怠感といった症状だといわれていました。

ところが、現在深刻化している副作用は、一時的な失神、全身の痛みと歩行障害です。

さらに、高次脳機能障害を引き起こされた症例もあります。

しかし、これらの副作用は報告されていますが、子宮頸がんワクチンとの関連性が見いだされず、また摂取したすべての女性に見られるものではありません。

その為、一部では摂取を控えるように言われています。


子宮頸がんワクチンと副作用に関するブログ

子宮頸がんワクチンの副作用は、一時的な症状ではありません。原因が不明である上、対処的な治療しか行えない為、長期にわたります。

子宮頸がんの接種は、保護者にゆだねられています。

副作用発症後の保証の内容、日常生活の様子が事細かに記載されているので、摂取することのリスクと摂取しないリスクを比較すると良いでしょう。


子宮頸がんワクチンの積極的勧奨の差し控え

厚生労働省では、子宮頸がんの発症を予防する効果が高いとし、子宮頸がんワクチンを積極的推奨してきました。

しかし、重篤な副作用が報告されるようになり、摂取を差し控えるよう公表しています。

ところが、これまでに収集された医学的情報を元に分析した結果、子宮頸がんワクチンによる副作用との関連性が見いだされていません。

その為、摂取部以外に発生する全身の痛みや歩行障害に関し、十分に情報提供できない状況であるため、定期接種の中止ではなく一時的に差し控えると判断されました。

子宮頸がんワクチンの再開は?

現在、厚生労働省のホームページでは、子宮頸がんワクチンの接触の積極的勧奨の再開めどは立っておらず、専門家の会議、分析を行ったうえで判断することとしています。

しかし、現在は接種の呼びかけを再開するかどうかの最終的な検討に入っています。一説には、副作用の原因は思春期による過剰反応とされており、接種前に痛みやメカニズムを説明することにより、リスクが低下するといわれています。(※2014年以前の情報であり、今後内容が変更される可能性があります。)

子宮頸がんワクチンと不妊

子宮頸がんワクチンの副作用として問題になっているのが、全身の痛み、歩行障害、脳障害ですが、不妊症については不明な部分があります。

それは、子宮頸がんワクチンにより、不妊症になったという報告と、不妊症は元来所有していたものであり、ワクチンによって表面化したという報告があります。

専門家でも二つに分かれて論争されている為、いまだに関連性は不明です。

情報に踊らされないでください

子宮頸がんワクチンには、様々な論争が繰り広げられています。その為、ネット上では根拠が不明な情報も多く氾濫しています。社会問題になっているからこそ、扇動されずに情報を見極めましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です