子宮頸がん症状-20代30代でも発症のリスク有、症状と治療法など

子宮頸がん 症状

女性特有のがんであり、子宮頸がんについての知識をもたない若い女性も多く、若いんだから、がんなんて自分には関係ないと考えている人も少なくありません。

しかし、子宮頸がんは遺伝などを原因とする他のがんと違い、ヒトパピローマウィルスというごくありふれたウィルスの感染が原因となる病気です。

営み性の経験のある女性であれば誰もが発病するリスクのある病気だということをまず知り、定期的に検診を受けることがこの病気の早期発見にはとても大切です。

Q:子宮頸がんの初期症状って?

A:子宮頸がんは症状がほとんどない病気です。そのため、発見が遅れ、気づいたときには命に関わる状況・・・ということもある恐ろしい病気なのです。

スポンサーリンク

子宮頸がんの症状に気づくには

子宮頸がんは子宮の入口の部分にできるがんのことです。初期の段階では自覚症状がほとんどないのが特徴で、がんが進行すると臭いや出血、いつもと違うおりもの、営み時の出血といった症状がでてきます。

子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウィルスに感染してから、子宮頸がんになるまで数年から十数年の期間がかかるといわれており、定期的に検診を受けることで、このがんになる前の段階で異常を発見し治療を行うことができます。

子宮頸がんには初期症状がないので、子宮頸がんの早期発見には定期的な検診が欠かせません。

子宮頸がんの症状が進行すると

子宮頸がんが進行すると、子宮をすべてとってしまわなくてはならないこともあります。子宮の全摘出は、女性にとって妊娠と出産の可能性を失うということです。

女性にとって肉体的にももちろん、精神的にも負担の大きいことです。

また、子宮だけでなく、他の臓器にもがんが癒着している場合にはその周りの臓器も含めて摘出する必要がでてくることも少なくありません。


子宮頸がんの症状と発見

子宮頸がんの治療は他のがんと同様に手術療法、放射線療法、化学療法があります。がんの進行状況や場所、患者の年齢や体の状態によって最適な治療方法がとられますが、早い段階でがんを発見できれば、妊娠や出産の可能性を残して治療を行うことも可能です。

検診などによって発見された前がん病変であれば、子宮頸部の異常のある部分を摘出する手術を行うことが一般的です。


子宮頸がんの症状の進行と妊娠出産

子宮頸がんはがん細胞が子宮頸部の粘膜の上皮にある状態である0期から周りの臓器にまで転移のすすんでいるⅣ期までに分けられます。

当然、0期もしくはⅠ期といった早い段階での発見が理想的です。Ⅰ期の中でもⅠa1期というごく初期であれば妊娠や出産も可能です。

子宮頸がんの症状の進行の分類

子宮頸がんは

  • 0期 がんが粘膜層上皮にとどまっている
  • Ⅰ期 がんが子宮頸部にとどまっている
  • Ⅱ期 がんが頸部以外にも広がっている
  • Ⅲ期 がんが膣の下方や骨盤壁まで広がっている
  • Ⅳa期 がんが膀胱や直腸に広がっている
  • Ⅳb期 がんが離れた場所に転移している

といった分類がなされます。

子宮頸がんの症状と具体的な治療法

患部をレーザーや高周波メスで切り取る円錐切除術で済む場合もあればさらに別の治療方法を行う必要がある場合もあります。

手術の前にがんを小さくする目的で抗がん剤を使用することもありますし、放射線療法の効果をアップさせるために化学療法と同時に治療を進めることも少なくありません。

こうした進んでしまった状態で病気を発見するのではなく、治療も簡単にできる早い段階での発見がなにより大切なのです。

子宮頸がんは定期的に検診を受けることで早期発見できる病気です。若いから関係ないと思わずに定期的に検診を受診しましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です