子宮頸がん原因-ヒトパピローマウイルス感染の可能性を防ぐには

子宮頸がん 原因

子宮頸がんは若い女性にも多いがんの一つです。検診での早期発見がなにより大切な病気で、初期の段階での症状はほとんどありません。

子宮頸がんの原因はヒトパピローマウィルスの感染で、皮膚同士の接触によって感染するとてもありふれたウィルスです。このウィルスには女性の80%が一度は感染しているといわれています。

Q: 子宮頸がんの感染経路にはどのようなものがありますか?
A:ヒトパピローマウィルスの感染は皮膚と皮膚、主に粘膜の接触によって感染します。そのため、多くの場合、営み性によって感染すると考えられています。

スポンサーリンク

子宮頸がんの原因と可能性

ヒトパピローマウィルスはありふれたウィルスであり、接触感染します。営み性のある女性すべてがこのヒトパピローマウィルスに感染する可能性があり、それは営み性のある女性のすべてが子宮頸がんになる可能性をもっているということなのです。

子宮頸がんの原因、ヒトパピローマウィルス

ヒトパピローマウィルスはHPVとも呼ばれ、およそ100種類以上のタイプが確認されています。そのうち、発がん性HPVと呼ばれるものが約15種類あり、なかでもHPV16型およびHPV18型は20代から30代の子宮頸がん患者の70%以上から検出されています。

ヒトパピローマウィルスにはハイリスク型とローリスク型があり、子宮頸がんの原因となるのはハイリスク型のヒトパピローマウィルスです。

ヒトパピローマウィルスの感染と子宮頸がん発症の関係

ハイリスク型ヒトパピローマウィルスに感染しても、ほとんどの場合は自然に体の中からなくなるのですが、ごくわずかな人が子宮頸がんを発症すると言われています。その確率は約0.15%とも言われており、決して高い確率とはいえません。

しかも、子宮頸がんになるまでには数年から十数年の期間がかかり、感染したら即発症というわけではないというのも、ポイントのひとつです。定期的に検診を受け、この「がんになる前」の状態で発見することができれば、治療することが可能です。


子宮頸がんの原因であるウィルスへの感染を防ぐためには

子宮頸部細胞診とは子宮頸部の細胞をとって行う検査です。内診と同時に細胞の採取は行います。

子宮体がんの検診については子宮内に金属の器具を入れて内膜を少しこすることになるので、人によっては多少の痛みや出血を伴うことがあります。子宮体がん検診については、実施の有無を希望できるので、必要に応じて受診しましょう。

正常な細胞がヒトパピローマウィルスに感染すると、ほとんどの細胞は自然に排除されますが、ごく一部の細胞が感染したまま体の中に残ります。

この体内に残ったウィルスに感染した細胞もがんにならないものもありますが、この異常が生じた状態の細胞が体内にあっても子宮頸がんの自覚症状はありません。

この自覚症状はないけれど、異常を生じた細胞があるという段階で発見できれば、がんになる前に治療を行うことができます。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です