仕事を辞める際の注意点!不満なく退職を行うためのポイントとは?

仕事,ブログ

1月は採用活動が最も活発化する時期のひとつです。年末のボーナスをもらって、新年の抱負を胸に、新しいステージに挑戦する人が数多くいます。彼らの希望がかなえば、数ヵ月後には退職する人は激増します。
仕事を辞める理由にはいろいろとありますが、特に現在の仕事に不満がある人は注意が必要です。
それは、退職の時期、仕事を辞めることができることが嬉しすぎるあまり、余計な行動や態度をとってしまうことがあるためです。仕事を辞めたいという気持ちが強ければ強いほど、その可能性が高まるのです。しかし、余計な行動や態度は一時的に気が晴れるかもしれませんが、新しい職場への希望や仕事を辞められることをオフィスで喜ぶなどもっての他です。

もしかすると、以前の同僚に「どんな人間だったか?」などと聞かれる可能性も少なからずありますし、狭い業界であれば、その元同僚とも一緒に仕事をすることがあるかもしれません。
仕事を辞める際には、今まで自分が築き上げたものを壊さないように、惜しい人材だったと思われるようにすることが鉄則です。間違っても、今までの不満をぶちまけることは避けなければなりません。

スポンサーリンク

仕事を辞める時の注意点とポイント

不適切なやめ方をしてしまう人が多いのも現状です。

仕事を辞めたいと思っても、その気持ちをコントロールし、上手に辞めることが自分にとっての評価を下げずに、次へつなげる可能性にもなります。有終の美となるような辞め方ができるよう、言葉や態度に気をつけることが必要です。

また仕事を辞めたい、転職したいという気持ちが強すぎるあまり、どうしても誰かに言いたくなってしまうことはありませんか?
仮に、転職活動をしていて、転職希望先から採用をもらった瞬間には、誰かに自慢したくなってしまうもの。しかし、仕事を辞めると言うときには、正しい手順を踏むことが重要です。

間違っても、上司よりも先に、同僚などに言ってしまい、その同僚から上司の耳に入るのはもってのほかです。
そのため、仕事を辞めたいという相談も軽々しく誰にでもしていいというものではありません。本当に信頼のできる人にだけ相談するようにします。仕事を辞める意思が固まってから、上司へ仕事を辞めたい旨を伝えます。

上司への伝え方も、落ち着いた場所でゆっくり時間を取ってもらえるようにします。

自分の気持ちを伝え、上司の判断を仰ぐことになりますが、ここでも不満を訴えるのではなく、前向きな気持ちで仕事を辞めることにしたことを伝えます。ここで不満だけを訴えたとしても、あなたの評価が下がるだけで、何も良いことはありません。

また、上司に伝えるときには、引き留められることもあると思います。

あなたへの待遇の改善など、提案をされることがあるため、あなた自身が仕事を辞めたい理由を正直に伝えず嘘を言っている場合には、あまり良くない展開になってしまいます。ここでは、できるだけ正直に伝え、不満ばかり伝えない、また、必要のないことは伝えない等、注意が必要です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です