退職をする際にはまず退職理由と仕事を辞めた後の生活を考えてみよう

仕事,ブログ

あなたは働かなくても生活ができますか?ほとんどの人は胸を張って「生活できます」と答えられないでしょう。生活できるといえる人は本当に少数派だと思います。キャリアアップをしたいと前向きに考えていたとしても、働かなければ生活できないため、軽々に仕事を辞めて転職をするわけにもいきません。
仕事を辞めたいと思った時、まず何をしなければならないでしょうか?
まずは、仕事を辞めた後の生活のシュミレーションです。頭の中で思い描いただけで、仕事を辞めることをあきらめる人もいます。仕事を辞めた後の生活が予想できず、仕事を辞めたいと悩むばかりの人もいます。仕事を辞めた後の生活のことをあまり考えずに仕事を辞めてしまう人もいます。仕事を辞めてなんとかなれば問題ありませんが、住宅ローンや家賃、家族を養わないといけないなど、働く理由はいろいろあります。決まったお金を定期的に払っている場合には、給与が入ってこないと途端に家計が回らなくなってしまいます。

スポンサーリンク

退職後の生活を考える

仕事を辞めた後、

  • 退職金は貰えるのか
  • 失業給付金はいつから、どれくらいの期間、いくら貰えるのか
  • 失業給付金が貰えるまで、貯金やもらった給料で生活できるのか
  • 転職の時期が決まっていれば、それまでの生活は大丈夫なのか
  • 転職の時期が決まっていなければ、仕事が決まるまでどのようにして生活をするのか

よくあるのは、貯金がない、ローンや家賃が払えないという理由で、仕事を辞めることを断念する人です。仕事を辞めた後の生活を頭の中でシュミレーションすることで、仕事を辞めてしまった後に後悔しないようにしましょう。

また仕事を辞めようと考えた際には、あなたが働く理由が何なのかも考えてみましょう。

  • 給与をもらわないと生活ができないから
  • 住宅ローンや家賃、その他のローンの支払いがあるから
  • 妻や子供、家族を養わないといけないから
  • やりがいのある仕事をしたいから
  • 社会に貢献したいから
  • 欲しいもの、やりたいことがあるから、そのための資金準備のため
  • キャリアアップを積んで、他の仕事に転職したいから
  • 特に理由はなく、働かなくても生活には困らない

など、働かなければ生活できないという理由から、自分のキャリア形成のため、特に働かなければならない理由はない等、人によって働く理由は様々です。もし、仕事を辞めたいと思った時、働く理由によって次に起こす行動が異なります。

特に働かなくても生活に困らない場合は、仕事を辞めたいと思ったら、無理に仕事を続けようとせずに辞めてしまうことが多い。

また、自分のやりたい仕事が見つかれば働くといったように、あまり焦りがありません。

次に、自分のキャリア形成のために働いている人の場合は、仕事を辞めたいと思ったら、自分のステップアップのための努力を行います。

働きながら次へのステップアップの準備(資格取得の勉強や転職活動)をする人や、次のステップに向けて準備に集中したいと仕事を辞める人、独立をする人など、前向きな人が数多くいます。

最後に、働かなければ生活できない人ですが、仮に仕事を辞めたいと思っても、簡単に仕事を辞めることができません。

仕事を辞めても生活ができるよう、慎重に検討を行う人がほとんどです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です