仕事を辞めたい時は安易にノウハウ本に頼らず周囲に相談してみよう

仕事,ブログ

仕事を辞めたいと思った時、どうしても仕事を辞めたいという気持ちが優先してしまい、仕事をどうやって辞めるかということばかりに気を取られがちです。その際、仕事を辞めて起業をする、転職に関するノウハウ本や情報商材にも触れる機会があるかもしれません。

仕事を辞めたい時はまず相談
これらの情報を過信しないようにしましょう。
冷静になって考えるようにしましょう。仕事を辞めた後、転職することを希望する人がとても多いですが、思ったような転職先に転職できる人は少ないのが事実です。そうした時に、転職出来ないからといって安易に起業や転職ノウハウ本や情報商材を信用し過ぎて行動することは避けなければなりません。

世間は不景気であるため、企業も誰でも採用したいというわけではありません。
なるべく良い人材を、即戦力になる人材を求めているのです。経営環境が良すぎて、人が足らなくて仕事が回らないという場合には、猫の手でも借りたいと思うかもしれませんが、今はそういう状況ではありません。

では、自分自身が起業した時の事を冷静に考えてみてください。

あなたの会社が儲かる仕組みがあるでしょうか?あまりノウハウ本などを過信し過ぎても、結果が伴わないことは多々あるでしょう。

また、転職のノウハウ本や情報商材も必ずそうなるとは限らないし、購入時点ではどのような内容か確認できません。

転職活動には様々なハードルがつきものです。これらのハードルを一つずつ確実に乗り越えていくことが成功への近道です。

仕事を辞めたいと思った時、誰かに相談できますか?
思いつめてしまっているとき、仕事が忙しくて時間が取れないなど、いろいろな状況があると思いますが、気持ちをリセットして考えるようにしてみると良いでしょう。

仕事を辞めるか辞めないか、これらの判断をする前に、自分自身について見つめなおすことが必要です。
この自分自身を客観的に見つめなおすとき、もっとも適しているのは家族・友人・知人です。仕事を辞めたいと思いつめているときは、自分に余裕がないときでもあるでしょう。自分に余裕を作るためにも、家族や友人、知人の力はとても大きな支えになります。

飲みに行ったり、旅行に行ったり、その他、さまざまな機会を通して、何気なく気づきを与えてくれることがあるものです。

そうすることで、自分自身にも余裕が生まれ、冷静に判断できるようになります。自分のことは、自分自身が良く分かっているつもりですが、実際には、あまり分かっていないことの方が多いかもしれません。

客観的に見てくれている家族や友人、知人の意見は自分自身で分かっていないことへとても多くの気づきを与えてくれます。

多くの人との交流を持つことで、いろいろな考え方を知ることが出来、仕事や会社をこれからどうしたいかという判断をするときにも、良い影響になることもあるでしょう。

家族や知人、友人に力を貸してほしいと言わなくても、一緒に過ごす時間の中で、得られるものもたくさんあります。

自分と周りの関係性を良好に保つことが今後の人生を良い方向に向けてくれるはずです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です