仕事と家事で忙しい主婦たちが仕事と家事を両立するコツ

仕事と家事で忙しい主婦は、世の中に数多く存在します。しかし、あまりにも忙しすぎると、自分だけが忙しいのでは?と悩んでしまいがちです。そこで今回は、仕事と家事で忙しい主婦に必要なものをご紹介します。是非参考にして、少しでも忙しさを減らせるようにしてみましょう。

Q:専業主婦なら忙しくない?
A:専業主婦は暇といったイメージを持つ方が多いようですが、実際に専業主婦として生活している方からすると、そんな事はありえません。その為、専業主婦だから忙しくないと決め付ける事はやめましょう。

Q:仕事と家事は両立させられるの?
A:勿論両立させる事は出来ます。ただし、全てを完璧に行うように考えすぎると、精神的にも肉体的にも大きな負担となるので、手を抜いても問題ない部分は手を抜く事が大切です。

スポンサーリンク

働く主婦の仕事と家事

仕事と家事の両立に欠かせない夫の理解

家事を行うのは妻の仕事と考えてはいませんか?確かにそういった考えを持つ男性も多いようです。しかしこれでは、仕事と家事で忙しい主婦にとって、両立は不可能です。そこで、一人で家事を行う事は無理である事をきちんと夫に話しましょう。理解を得る事が出来れば、夫も積極的に家事に取り組んでくれるようになるでしょう。また、夫も忙しい場合は、もし両親が近くに住んでいるのであれば、両親のサポートを得る事も考えてみると良いでしょう。とにかく、自分一人で何でもこなそうと頑張りすぎてはいけません。

育児・子育てと仕事と家事を全てこなすには

仕事と家事で忙しい主婦にとって、ここに育児・子育てが追加されると大変です。そんな時には、育児・子育て中に使える制度をフル活用しましょう。3歳未満の子供を育てている場合、フレックスタイム制や短時間勤務などを選べる制度があります。また、始業時間及び就業時間の変更も可能となるので、夫と上手く時間をずらしながら働くというのも、仕事と家事で忙しい主婦にオススメの方法です。

仕事と家事を両立する女性になるには

仕事と家事を両立させている女性の多くが、家事で手を抜ける部分は手を抜いています。例えば、疲れが溜まったり、帰りが遅くなったりした日は、夕食のおかずをスーパーなどのお惣菜で済ませましょう。掃除も毎日掃除機をかけるのではなく、平日は気になる部分だけ掃除を行い、休日に夫婦で掃除をしっかりと行うといった女性もいます。これらは仕事と家事で忙しい主婦にとって見習えるポイントです。

仕事と家事で忙しい主婦はゆとりを持つ工夫を

仕事と家事で忙しい主婦には、基本的にゆとりはありません。そこで、どうしたらゆとりを持てるのかを、夫婦で話し合ってみて下さい。例えば、休日にまとめておかずを作って置いておくというのも、ゆとりに繋がるのではないでしょうか。また、当番制とまでは行かずとも、家事をお互いに分担するだけでも、ゆとりを持つ事ができるはずです。気がついた人がやるといった共通認識を夫婦で持つだけで、忙しさは軽減するでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です