仕事選びに悩む原因は?過去を振り返り企業が求める人材になろう

仕事,ブログ

仕事を辞めたいと考えている人は多いと思いますが、仕事を辞めたいと考えて、次にどのような仕事をしたいか、転職先をどうするかはとても重要な問題です。なかなか答えが見つからず、転職に踏み切れない人たちも数多くいます。仕事選びには時間がかかりますし、悩みも深いのです。
なぜ、仕事選びに悩んでしまうのでしょうか?
まずは、仕事というのは、自分自身の社会的評価の決定に大きな影響を与えることが要因として挙げられます。人は、社会的評価を気にするものです。仕事選びに迷うのは、自分の選択する仕事、選択できる仕事が社会的評価にどのように影響するのかが気になるということもあるためです。

そして、失敗できないと強く思うため、失敗したことにより周囲の自分に対する評価がどうなるかということが迷いの要因です。
この失敗も、人によって意味づけが異なります。小さなことにいつまでもくよくよしてしまう人がいる一方、すぐに忘れて前向きに進める人もいます。

自分にとっての失敗がどの様なものであるか、どのような意味を持つのかを考えてみましょう。

過去の経験を振り返ることで、自分自身の良いところ悪いところも見えてきます。また、同じような失敗を繰り返さないためにも、この振り返りは重要です。

スポンサーリンク

仕事選びは人生の充実度を左右する

仕事選びで何に重点を置くかが重要ですが、納得できるような仕事や会社を選びましょう。高望みをすればきりがありませんが、自分が納得できる仕事や会社に出会えることが重要なのです。

不況な時代、企業が期待する企画系職とはどんなものでしょうか?

臨機応変力

企業は先行き不透明な状況の中、いろいろな施策を手探りで模索していかなければなりません。そんな中、求められるのがいかに臨機応変に柔軟に対応できるかという力です。企業が置かれている状況が急変しても、その状況を打破できる前向きさが重要なのです。既成概念にとらわれて、状況の変化を不満だけで捕えることなく、転機としてとらえて前に向いて進めていく力が求められています。

付加価値力

企業も社員も商品も、付加価値がないと生き残れない時代です。では、企業の求める本物の人材はどのような人でしょうか。それは、「付加価値を生み出して、それを対価として企業に貢献できる人材」です。仕事をしていく中で、自分にしかできない付加価値を加えることが出来れば、どんな世界でも生き残っていく力があると言えます。付加価値を加えるということは簡単ではありませんが、常識にとらわれることなく、新しい可能性を見出す力が重要なのです。

企画リサイクル力

営業マンはたくさんいるが、売れる商品が無いと嘆いている会社が増えています。企画職としては、新しい商品の開発力や販路開拓、営業方法を生み出さなければなりません。しかし、何もかも新しいものにチャレンジするのは、資金も時間も必要です。そのため、昔通らなかった企画書などを見直すことも重要です。アイデアの宝庫から新たな発想が生まれることもあります。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です