生理予定日と妊娠検査薬-女性必見!よく使われている妊娠検査薬は?

生理予定日 妊娠検査薬

妊娠を希望している女性にとって、「妊娠しているかどうか」ということは今すぐにでも知りたいものです。妊娠しているかどうかの1つの目安となる「生理予定日」が待ち遠しく感じるものだと思いますし、待ち切れずにフライングで妊娠検査薬を試してしてしまう方もいると思います。しかし、市販されている検査薬の多くは、生理予定日の1週間後から使用できるといったものが多いので、生理が生理予定日よりも1週間遅れたタイミングで使用するのが望ましいです。

Q.妊娠検査薬とは何ですか?
A.妊娠した時の尿中に含まれる「妊娠ホルモン」が、尿中に含まれているかどうかを手軽に検査できるものです。

Q.いつ頃から使用できますか?
A.妊娠検査薬の説明書にも記載されている通り、「生理予定日の1週間後」から使用できます。

スポンサーリンク

生理予定日と妊娠検査薬をチェック

生理予定日で妊娠検査薬が陰性

「生理予定日に生理がこなかったから妊娠検査薬を試したら陰性だった」というケースも結構多いです。しかし、「妊娠検査薬では陰性だったから」といって、妊娠している可能性がゼロだというわけではありません。検査のタイミングに適しているのは「生理予定日から1週間後」なので、「生理予定日よりも早く検査した」など、検査のタイミングが早すぎた可能性があります。

生理予定日で妊娠検査薬がクリアブルー

有名な妊娠検査薬の1つに、オムロンから発売されている「クリアブルー」があります。クリアブルーは生理予定日の1週間後から使用できる妊娠検査薬で、約1分で結果がわかる上に精度も高いので人気があります。

生理予定日に妊娠検査薬のチェックワンファストでチェック

株式会社アクラスから発売されている「チェックワンファスト」は、尿中の妊娠ホルモンの有無を調べることができる、使い方がとてもシンプルな妊娠検査薬で、生理予定日の1週間後から使用することができます。

生理予定日に妊娠検査薬のドゥーテストでチェック

「ドゥーテスト」は、ロート製薬から発売されている妊娠検査薬で、生理予定日の1週間後のタイミングから検査することができます。約2秒間尿に浸して1分間待つだけで結果がわかるので、使い方もとても簡単で人気があります。

妊娠検査薬の反応がうっすらな時は?

妊娠検査薬を試した時に、反応がうっすらだと確信が持てませんよね。反応がうっすらな時というのは、「生理予定日の1週間後から」という使い方を守らなかった場合や、中国製の検査薬を試した場合などが該当します。ですが、うっすらとでも反応が出ているのであれば、妊娠している可能性は高いです。

中国製の妊娠検査薬

妊娠検査薬は意外にも高く、何度も試そうと思えば結構な出費になります。ところが中国製だと、日本製よりも安く手に入るので経済的です。また、生理予定日よりも前から使えるものもあり、「反応が薄い」という欠点はありますが、中国製の妊娠検査薬でも問題なく使えます。

生理予定日で妊娠検査薬が陽性

妊娠検査薬は、本来であれば生理予定日から1週間後に使うのが望ましいのですが、たとえ反応が薄くても、妊娠していれば生理予定日でも陽性反応が出る場合が多いです。陽性反応が出た場合は、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

≪妊娠検査薬は正しいタイミングで使うべき≫

市販品といえども、妊娠検査薬は精度が高いものが多く、フライングの検査で結果が出る場合もあります。ですが、「生理予定日の1週間後から」という、説明書に記載されている正しいタイミングで使ったほうが、より正確な結果がわかりますし、何度も検査をする手間も省けます。焦る気持ちもわかりますが、ここはのんびりと構えて待ちましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です