生理痛の市販薬-おすすめランキング、市販薬が聞かない場合は?

生理痛 市販薬

辛い生理痛を乗り越えるために、市販薬のお世話になっている女性はたくさんいると思います。でも、痛み止めと言っても色々な種類がありますよね。どれが人気なのでしょうか。また、市販の薬でも本当に効くのでしょうか?

Q:どんな薬を飲めばいいのですか?
A:鎮痛解熱剤と呼ばれるタイプの薬です。薬の効果が中枢神経・末端神経に働きかけ、生理痛を緩和したり、取り除いたりしてくれます。有名なものではバファリン、セデス、ロキソニンがあります。

Q:いつ飲めばいいのですか?
A:薬の種類にもよりますが、基本的には痛みを感じた時に必要量を服用します。ただし、効果が強いので、空腹時に服用すると胃のもたれや痛みを感じる場合があるため、可能であれば、軽く何かを食べてからの方がおススメです。

Q:どれくらい効くのですか?
A:その人の体質、薬の種類によって効果は異なります。あまりにひどい生理痛では、市販薬が全く効かない人もいます。一方で、これを飲めば必ず治る、と言う薬を見つけておくと、いつでも安心して過ごせます。

スポンサーリンク

生理痛の市販薬について

生理痛の市販薬ランキング・おすすめ

生理痛で悩んでいる人たちは、どんな市販薬を利用しているのでしょうか。ランキングでは、第一位がイブ、第二位がロキソニン、第三位がバファリンとなっています。いずれもどこのドラッグストアでも手に入る、有名な商品です。有効成分はそれぞれ異なりますが、特にロキソニンは病院で処方されていたものが市販で手に入れられるようになったため、人気が急上昇しています。ただ、他の二つに比べると若干割高なため、敬遠する人も多いようです。これらの薬には稀に体質が合わない人もおり、痛みはひいたけれどめまいがする、などの症状が出る事があります。何か変だなと思ったらすぐに服用を止め、別の薬を試すのがおすすめ。これだ!という薬が見つかったら、常に持ち歩いて痛みに備えましょう。

生理痛の市販薬が効かない場合

生理痛が毎月ひどすぎて、市販薬では全く効かない、と言う人もいます。そんな時には、できるだけ速やかに病院で鎮痛剤を処方してもらいましょう。市販の薬より有効成分の濃度が高く、よく効きます。その分体への負担は大きいので、日常的に摂取するのには向きません。定期的に病院へ足を運ぶ必要があります。

<<生理痛には市販薬が効く?>>

生理痛は多くの女性が経験していますが、市販薬の鎮痛剤が効きやすいため、ドラッグストアなどでも様々な商品が取り扱われています。ある薬を使ってみて、いまひとつ効果が感じられないと思ったら、服用量を増やすよりは、別の薬を試してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です