生理痛の漢方薬-有名なのはツムラ、市販で買える漢方薬について

生理痛 漢方薬

生理痛が酷い時には、漢方薬もおすすめです。市販の痛み止めよりは効き方が緩やかですが、その分副作用もあまりありません。購入の際には、漢方に詳しい薬剤師がいるお店に足を運ぶのが理想ですが、ドラッグストアでもたくさんの種類が販売されています。

Q:なぜ、漢方薬が効くのですか?
A:生理痛は、単なる病気ではなく、ホルモンバランスの乱れなどからくる体の反応です。このため、病気を治すための薬よりは、血液の循環をよくする、筋肉をほぐすなどの効果を持つ漢方が効果的なのです。

Q:どんな種類の薬が効くのですか?
A:一般的に、生理中や生理前の痛み、体調不良に効果があると言われているのが、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。どちらもドラッグストアなどで市販されています。

Q:長期間飲み続けても大丈夫ですか?
A:薬の種類によっては、長期の服用が禁じられているものもあります。痛みがある時だけ、月に何日間か服用するだけなら問題ないとされている薬もあります。いずれも、指示通りに服用することが大切です。

スポンサーリンク

生理痛の漢方薬について

生理痛の漢方薬ならツムラ

生理痛時に飲む漢方薬としてもっとも名前が知られているのが、ツムラの薬です。ドラッグストアで簡単に手に入りますし、病院から薬として処方される事もあります。特に人気が高いのが桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)で、どちらもいわゆる「血の乱れ」、血流の悪化などによく効くとされています。血流を改善することで筋肉を柔らかくし、痛みを改善する効果があります。また、便秘などからくる腰の痛みには、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)がおススメです。

市販で買える生理痛の漢方薬

ツムラの漢方薬が人気な理由の一つに、一般的なドラッグストアや薬局で入手しやすいと言う点があります。本格的な漢方薬となると、漢方医がいる医者や薬局で購入しなくてはならないのですが、ツムラの薬ならドラッグストアで簡単に手に入ります。パッケージに服用について詳しい説明が記載されているので、飲み方に迷う心配もありません。常備しておいて、いつ生理痛になっても安心なようにしておきましょう。

<<生理痛と漢方薬は好相性>>

特定の病気を治すと言うよりは、体全体の気や血の流れを改善するコンセプトを持つ漢方薬は、生理痛にはぴったりの薬と言えます。なぜ痛みがあるのか、その理由によって合う薬は変わりますが、人気のある薬をいくつか試してみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です