生理痛の痛み止め-薬の時間効果や副作用、市販の痛み止め効果は?

生理痛 痛み止め

生理痛が辛い時は痛み止めを飲む人がほとんどだと思いますが、市販の薬だと効かない、と言う声があったり、副作用が辛いと言われたりしていますよね。どうすれば、薬と上手く付き合えるのでしょうか。

Q:市販の痛み止めは効かないって本当?
A:人によります。市販の薬で十分聞く、と言う人もたくさんいますし、むしろ効かない人の方が少ないのではないでしょうか。効かない人には全く効かないので、普段から体質に合った薬を見つけておくことが大切です。

Q:薬の副作用とは?
A:市販の鎮痛剤の副作用として最も知られているのが、眠気です。しかし、最近では眠気を感じる事のあまりない薬が増えています。その他、めまいや腹痛、吐き気などを感じる人もいます。

Q:どれくらいの時間効果がある?
A:服用後、数時間から半日程度のものがほとんどです。ですが、生理痛の場合、痛み自体が一日から二日と言う人が多いので、特に問題はないでしょう。長く痛みが続く場合は、規定量をオーバーしないように気を付けて、服用を続けましょう。

スポンサーリンク

生理痛の痛み止めについて

生理痛の痛み止め薬の副作用

痛み止めは生理痛を和らげてくれるとてもありがたい薬なのですが、その分、副作用にも注意が必要です。効果があって人気の高い薬はそのほとんどが第一類の医薬品指定で、担当者がいないと店頭では購入できない仕組みになっています。副作用としては、眠気、吐き気、めまい、腹痛などがよく知られています。薬を飲んでこれらの症状を感じた場合、使用を中断して別の薬を試してみた方が良いケースもあります。せっかく痛みが引いても、副作用に悩まされるのでは意味がありません。薬を服用する際には、体調に十分注意するようにしましょう。

生理痛の痛み止めは効く?効かない?効果時間は?

痛み止めは比較的薬効が早く表れる薬ですが、それでも、生理痛が苦しい時は一刻も早く効いて欲しいものですよね。薬の効果が表れるまでの時間には個人差がありますが、一般的には30分から1時間ほどで効果が表れる事が多いようです。すっと目に見えて症状が軽くなる事もあれば、薄布をはいでいくように少しずつ改善する事もあります。飲んですぐ効かないからと言って焦らず、まずはしばらく様子を見てみましょう。どうしても効かない時は、規定量内であれば飲む薬の量を増やすことができます。

<<生理痛の痛み止めには要注意?>>

一口に痛み止めと言っても、商品はたくさんあり、その有効成分も異なります。生理痛にはとてもよく効く痛み止めですが、体質に合わないものを選ぶと効かない事もありますし、副作用が強く出てしまう事もあります。自分の体質に合った薬を見つける事が大切です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です