生理前の症状-めまい・吐き気・頭痛・出血・微熱、PMSについて

生理前 症状

生理前の症状は、PMSと呼ばれ今では多くの女性が知る存在です。しかし、PMSと一言で表しても、年齢に応じて生理前の症状は異なると言われています。その為、年齢によってどのような変化を見せるのかを、把握しておく事をオススメします。

Q:10代・20代に多いのは?
A:10代・20代に多く見られるのは、身体的な症状です。例えば、体の一部に痛みを感じるといった事が多いでしょう。

Q:30代・40代に多いのは?
A:30代・40代に多く見られるのは、精神的及び社会的な症状です。例えば、うつ状態になったり、イライラしたり、対人関係でトラブルを起こしてしまうといった事が見られるでしょう。

Q:出産経験が関係するって本当?
A:本当です。出産経験のある女性の方が、精神的なPMSを発症しやすいと言われています。その為、出産経験のある女性は、よりPMSに対する注意が必要です。

スポンサーリンク

女性が気になる・悩んでいる生理前の症状とは

生理前の症状 めまい

生理前のめまいの症状は、むくみやすい女性に多く見られます。めまいの原因としては、黄体ホルモン及びエストロゲンの分泌に何らかの異常が発生している事が挙げられます。なお、生理が始まるとめまいは治まるのが一般的です。もし治まらないようであれば、一度専門医を受診してみましょう。

生理前の症状 吐き気

生理前の吐き気の症状は、ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。ホルモンバランスが乱れると、エネルギー源が足りなくなってしまったり、胃液が通常よりも多く分泌されてしまい、吐き気に繋がるのです。しかし、つわりが原因による吐き気の可能性もあるので、妊娠が疑われる場合はきちんと検査を行うようにしましょう。

生理前の症状 頭痛

生理前の頭痛の症状には、女性ホルモンのエストロゲンが影響を与えていると考えられます。エストロゲンは卵子を成長させる働きを持っていますが、生理前には減少します。このエストロゲンの減少によって、血管が拡張し、頭痛の原因となるのです。なお、ストレスを感じると頭痛は悪化しますので、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

生理前の症状 出血

生理前の出血の症状は、不正出血と呼ばれています。不正出血は、ホルモンバランスの乱れが原因で起こると言われています。しかし、量が少なければそこまで心配する必要はありません。ただ、鮮血が大量に出るようであれば、速やかに病院を受診しましょう。貧血を起こす可能性もあるので、我慢せずに病院に足を運びましょう。

生理前の症状 微熱

生理前には、黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンこそ、微熱の原因です。また、体が熱い、顔が火照るといった症状も、微熱と同様に黄体ホルモンによって起こるものです。生理が始まると、微熱は治まるので心配はいりませんが、逆に生理後は黄体ホルモンが減少して、体温も低下するので、今度は冷えに注意しましょう。

<< 生理前の症状に影響を与えるホルモン >>

生理前の症状は様々ですが、原因として考えられるのは体内で分泌されるホルモンであるケースがほとんどです。その為、日頃からホルモンバランスを整える事を考えた生活を送るだけで、セルフケアに繋がります。例えば、植物性のエストロゲンを含む大豆製品を摂取するだけでも、ホルモンバランスの調整効果が期待できます。逆に、チーズやアイスクリームといった乳製品の過剰摂取は、PMSをひどくすると言われています。このように食生活を見直すだけでも、PMSのセルフケアに繋がります。すぐに効果は出ませんが、数ヶ月すればPMSに変化が見られる事でしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です