生理前-不快な症状(PMS) 眠れない・体が冷える・関節痛など

生理前 眠れない,冷え,関節痛

生理前に様々な体調不良が起こる、PMS(月経前症候群)。女性にとって非常に深刻な悩みである上、長く付き合っていく必要があるため、きちんと対処してあげることが大切です。

Q:生理前になると眠れないのですが?
A:体内の女性ホルモンのバランスが変化したことにより、自律神経や交感神経の働きが阻害されている可能性があります。睡眠不足があまりにキツイようなら睡眠導入剤や、ホルモン剤の処方をしてもらった方がいい場合もあります。

Q:体が冷えるのは冷え症だから?
A:PMSの症状の一つとして、体が冷えることが挙げられています。もともと、女性はホルモンバランスの関係で男性より冷え性な人が多いのですが、PMSになるとそれが一層顕著になるため、夏でも靴下が手放せなくなる人もいます。

Q:関節痛もPMSの症状なのですか?
A:はい、そうです。生理前の症状として体が冷えたり、だるさを感じたりした結果、関節痛が発生するケースがあります。間接そのものに異常はないので、安心して下さい。

スポンサーリンク

生理前の冷え・関節痛・眠れない症状で悩まない

生理前に体が冷えて眠れない

生理前になると本当に色々な体調の変化を感じるものです。わけのわからないだるさ、腹痛、頭痛などなど。やけに体が冷える人もいれば、逆にほてりを感じてしまって眠れない、と言う人もいます。いずれも、体内で女性ホルモンのバランスが変化したことにより引き起こされる症状です。生理が始まれば改善しますが、薬などで症状を緩和する事も可能です。

生理前に関節痛で眠れない

不眠や冷えに比べて症例は少ないのですが、関節痛を訴える人もいます。女性ホルモンは、人間の骨を支える働きも持っているため、このバランスが変化したことで関節に痛みを感じてしまうのではと考えられています。また、体が冷えたりほてったりすることが原因で、眠れないのと同時に関節痛を感じる人もいます。

生理前に眠れないときは

ただでさえ生理前で体調が悪いのに、夜もなかなか眠れないとなると余計に気分が滅入ってしまいます。寝る前にはお風呂に入って体をよく温める、ホットミルクを飲む、アロマなどでリラックスするなどの方法で対処してみましょう。あまりに症状が辛い場合は、産婦人科でホルモン剤や睡眠導入剤を処方してもらう事も可能です。また、不眠と一緒に冷えやほてりを感じる人は、漢方薬を日常的に服用することで、体の内側から症状を改善する事も可能です。大切なのは、あまり無理をしすぎない事。PMSは、人によっては長く向き合う必要のある疾患ですから、うまく受け入れて付き合っていくことが重要なのです。

<<生理前に眠れない時は>>

PMSの症状は人それぞれで、眠れない人もいれば逆に眠くてたまらないと言う人もいます。インターネットで検索してみると、驚くほどたくさんの女性が同じ症状で悩んでいることが分かります。彼女たちも、自分なりに工夫をして、辛いPMSの症状を乗り切っています。ぜひチェックしてみましょう。あなたにも合うアイディアが、きっと見つかるに違いありません。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です