生理前のイライラ-抑えたい女性必見!原因や解消の為の方法は?

生理前 イライラ

生理予定日が近づくと無性にイライラしたり怒りっぽくなったりすると感じたことのある女性は多いのではないでしょうか。このような月経前におこる心身の不快な症状をまとめてPMS(月経前症候群)と呼びます。こちらではそんな女性の月経前の怒りっぽい状態についてまとめています。

Q:月経前は誰でも短気になるのでしょうか?
A:人によって度合いは異なりますが、女性のほとんどがそうであると考えて良いでしょう。

Q:イラつきが長期で続くこともありますか?
A:たいていは月経前の期間が顕著ですが、慢性的にホルモンバランスが乱れている方などについてはその限りではありません。

スポンサーリンク

生理前のイライラの症状と原因をチェック

生理前のイライラは何日前ぐらいから出てくる?

生理の何日前からこのようなイライラしやすくなるかは人によっても異なりますが、早い方では生理予定日の1週間前頃からはじまり、長い方では生理開始3日目頃まで続くと言う方もいらっしゃいます。なんとなくイラつきやすくなったら生理の何日前なのかチェックしてみましょう。自身のパターンが分かると、イラつきも抑えやすくなりますよ。

生理前のイライラで八つ当たり

PMS(月経前症候群)で悩ましいのは、イライラしてつい周りに八つ当たりしてしまうという事です。その時は怒りやイラつきで頭がいっぱいですが、後になって後悔してしまうのですよね。しかし、八つ当たりは、周りはもちろんあなた自身にとってもストレスになってしまいます。生理前は短気になると自身でわかっているのですから、冷静に、頭に来ることがあっても一呼吸おいて落ちつくようにしてみましょう。

生理前のイライラ‥男への理解は?

生理前なると短期になるというのは女性なら周知の事実です。しかし、男性に対しては理解してもらえるように話し合うことが大切です。残念ながら、中には「なんでもかんでも生理のせいにして…」と思ってしまう男性がいることも事実で、それが喧嘩のきっかけになってしまうことも少なくありません。もちろん、女性側も男性に甘え過ぎてしまってはいけませんが、お互いにどれくらい相手のことを思いやってあげることができるかが、互いに気持ちよく過ごせるポイントになると言えるでしょう。どうしても解決できない場合にはこの時期は接触を避け、そっとしておいてもらうというのもひとつの方法です。

生理前のイライラ解消

生理前のイライラはホルモン変化が影響しているため、PMSの改善や治療に目を向けてみるのが解消の近道です。婦人科で相談するのも方法のひとつですが、食事・運動・生活習慣を見直すだけで改善されることもあります。実際に調味料やカフェインなどの刺激物を避け、バランスの良い食事を心がけたところ怒りっぽさが軽減されたという体験談もありますよ。

生理前のイライラにサプリ

生理前のイライラには、ビタミンEやビタミンB6といった栄養素が良いとされています。また、サバやサンマに含まれている脂肪酸の一種、γ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)には女性ホルモンのバランスを整える作用があるとされており、こちらもPMSに悩む女性にはおすすめです。栄養バランスの良い食事が理想ですが、栄養補助にサプリメントを利用される方も多いです。あなたも自分に合ったサプリメントを探してみてはいかがでしょうか。

<< 月経前は心身にゆとりを >>

月経前になると怒りっぽくなると分かっていらっしゃるのであれば、対策はさほど難しいことではありません。例えば月経前にはできるだけ予定を入れないようにしたり、リラックスできる時間を設けたりするだけでもイラつきは軽減されます。カリカリしやすい時期だからこそ心にも体にもゆとりを持つことが大切ですよね。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です