性交痛とは-感染症・女性の病気・潤滑不足など、性交痛の原因と対策

性交痛とは

下のお悩みというと、大小の便に加え性的なものもありますよね。何か困っていることがあってもなかなか相談できず、また対応する病院にも行きにくくて悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。しかし、「病気になるときはなる」というのは他の臓器と同じですから、やはり最善は病院に行くことです。特に何かしら痛みがある場合は、既に病気が隠れている可能性がありますので、油断は禁物ですよ。

Q:営み痛とは、どういう状態のことですか?
A:女性の場合、営み痛とは行為時の痛みと行為後の痛み、そして場所によって大きく分かれます。原因と痛み方は場所によって異なります。起きるとおかしいとかすぐ病気というわけではないので、まずは機能的な異常がないか婦人科で診てもらいましょう。

Q:入り口が痛いんですが、病気ですか?
A:ただ単純に体液の分泌が充分でない状態が原因のこともありますが、充分に分泌されていても痛い場合は、先天的な形状の問題であることもあります。勇気が要りますが、婦人科で相談してみましょう。ネットで検索するのも悪くはありませんが、対処は婦人科しかできないのですから。

Q:事細かに相談しにくいのですが……?
A:性的なお悩みは誰が持っていてもおかしくないものですから、まずは勇気を出しましょう。どうしても言いづらければ女性医師のいる病院を選ぶ、問診表にある程度詳しく書いておくなどするといいでしょう。

スポンサーリンク

女性が悩む営み痛と病気

営み痛の対策

営み痛とは、文字通り営み時のさまざまな痛みのこと。分泌液が充分に出るまで挿入を待ってもらうと、案外あっさり解決することがあります。それでも痛みがある場合は、形状的もしくは病気のために痛みが起きている可能性があるので、婦人科で相談しましょう。放置していると、最悪子供を作れるかどうかだけでなく命にも関わります。

営み痛-入り口の痛み

入り口付近の営み痛は、分泌液不足による場合が多いようです。パートナーにしばらく待ってもらうか、潤滑ゼリーを使うなどであっさり解決することがありますので、一度試してみてください。

営み痛とカンジダ

工夫をしていても毎回営み痛がある場合、感染症を疑います。カンジダもその一つで、他に膣のかゆみや排尿障害、炎症などが起きます。

生理前と営み痛の関係

生理前と営み痛とは直接の関係はありませんが、もし生理痛が毎回ひどく、営み痛もあるという場合は子宮内膜症などの病気が疑われます。これもやはり放置していていいものではないので、婦人科へ相談しましょう。

<< 子供が欲しいなら、営み痛の対処を急いで >>

営み痛とは決して珍しいことでも特別なことでもないのですが、やはり夜の生活に関わることのためか、相談しにくいと感じる人が多いようです。しかし、将来子供が作れるかどうかという重要な問題になってきますから、妊娠を希望する場合は特に早めの受診が重要です。「病気かもしれない」といつまでも心配しているより、早く原因を突き止めて対処したほうが心身ともに楽になりますよ。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です