卵巣腫瘍の手術-費用や大きい腫瘍の手術方法、入院期間などをチェック

卵巣腫瘍 手術

卵巣腫瘍は、幅広い年代の女性がなりやすい病気です。腫瘍種類は豊富であり、そのほとんどは良性のものです。しかし、40代、50代女性は悪性の腫瘍のリスクが高まります。

スポンサーリンク

卵巣腫瘍のQ&A

Q:卵巣腫瘍ができる原因は?
A:腫瘍ができるメカニズムは、今でも原因が判明されていません。しかし、月経の度に大きくなります。

Q:腫瘍ができたら、必ず手術しなければなりませんか?
A:良性の腫瘍の場合、死に至るものはありません。その為、小さい腫瘍であれば、経過観察を行う場良いもあります。

卵巣腫瘍の手術方法をチェック

腫瘍のサイズが10cm以内であれば、腹腔鏡下手術が可能です。傷が少なく、回復も早いので入院期間も短く済みます。悪性の腫瘍の場合は。開腹し腫瘍を切除します。将来的に妊娠を希望する場合、腫瘍のみを摘出し卵巣を温存します。ただし、捻転により壊死している場合や、悪性、妊娠予定がない場合は全摘出します。

卵巣腫瘍の手術費用はどれくらい?

卵巣腫瘍の手術費用は、一般的には20万円前後といわれています。病気の状態、癒着によっては手術内容や期間が変わります。また、腹腔鏡下手術は開腹手術に比べ、費用が高めです。手術の費用は、決して安いとは言えない金額です。しかし、高額医療請求の対象となっている為、これより半額ほどの金額になります。


卵巣腫瘍が大きい場合の手術は?

卵巣腫瘍が大きい場合、腹腔鏡下手術では摘出は難しくなります。腹腔鏡下手術は、小さい傷を数か所作り、切除します。その為、摘出が困難になるのです。開腹手術の場合、症例数が多く経験豊富な医師が多いため、摘出は確実です。また、最近では傷跡が目立たないように開腹してくれる病院もあります。卵巣腫瘍は、良性であれば自覚症状なく大きくなります。中には、臨月の妊婦と同じ大きさになった例もあります。


卵巣腫瘍の腹腔鏡手術とは?

卵巣腫瘍で行われる腹腔鏡手術は、お腹を炭酸ガスでふくらまし、カメラを挿入する手術です。小さい傷を4~5箇所に分散し、カメラで患部を見ながら切除を行います。その為、開腹に比べて負担が少ないのです。しかし、腹腔鏡手術ならではのデメリットもあります。それは、ほかの病気があった場合、見落とされやすいことです。限定された箇所のみの手術となるため、開腹であれば発見できた病気も、見えないのです。メリットデメリットを踏まえ、手術を行うかを検討しましょう。

卵巣腫瘍の手術後の入院期間はどれくらい?

卵巣腫瘍の手術の場合、入院期間は術式により変わります。身体への負担が少ない腹腔鏡下手術の場合、入院期間は1週間程です。傷口も少なく、手術直後から徘徊可能です。開腹手術の場合、入院期間は2週間ほどです。手術後は、動くこともつらく癒着が起こるので、痛みは残ります。しかし、入院中は規則正しい生活を送るため、比較的傷の治りも早くなります。

卵巣腫瘍の手術後の回復までの時間は?

卵巣腫瘍の手術後、回復に時間を要したという方が多いのではないでしょうか。卵巣は女性ホルモンに影響をされます。その為、ホルモンバランスが崩れたことによる体調不良、生理不順が起こる事もあります。また、卵巣を全摘出した方の場合、めまいやのぼせといった更年期症状が現れます。そのような影響を受けやすい部位なだけに、回復までには時間を要してしまうのです。

生活を見直して規則正しいものに

卵巣腫瘍の手術は、術後から回復まで時間を要します。それは、傷口の回復ではなく、ホルモンバランスの乱れによるからです。社会に出ている方も、復帰するまでには時間がかかります。それまでに、栄養バランスの良い食事をとり、適度な運動と規則正しい生活をおくりましょう。傷口の回復を早めるだけでなく、ホルモンバランスの乱れを整えるようにしましょう。手術をされた方により、生活習慣を見直すきっかけになった方もいるようです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です