卵管炎の症状-早期発見が完治の鍵、卵管炎に不安がある女性必見

卵管炎 症状

卵管は、子宮の横に伸びている管のことです。卵巣で生まれた卵子を拾い、子宮の中へ運ぶ役割をしています。卵管に起きる炎症を、卵管炎といいます。卵管炎は、不妊症、異常妊娠の要因の一つです。

スポンサーリンク

卵管炎のQ&A

Q:なぜ卵管で炎症が起きるのでしょう?

A:子宮の入り口で、外に面している膣が細菌の侵入を防いでいます。しかし、何らかの原因により、細菌が侵入して炎症を起こします。

Q:排卵時の痛みは、卵管に傷がついているからですか?

A:排卵時に卵管に傷がついても、痛みはありません。排卵時の痛みは、卵胞を突き破るため起こります。ただし、急性の卵管炎は下腹部に強い痛みが出ます。

卵管炎の症状と原因を知る

卵管炎の主な原因は、細菌感染の他、感染が挙げられます。まず、細菌は子宮の入り口にあたる子宮頸管で、炎症がおこります。その後、子宮の中に広がり、卵管炎となります。卵管の先は腹腔となるので、骨盤腹膜炎となります。初期の卵管炎は急な発熱、激しい下腹部痛、頭痛、吐き気といった症状です。しかし、クラミジアによる感染は自覚症状がない為、全く気付かなかったということもあります。また、慢性化すると症状は落ち着いてきますが、完治したわけではありません。


卵管炎の症状とクラミジア

クラミジアは生きた細胞の中で増殖し、感染力の高い微生物です。細菌によっては、プールや浴場で感染します。しかし、クラミジアは営みのみ、感染します。また、男女ともに自覚症状がないため、お互いに移しあってしまいます。卵管が炎症をおこすと、癒着が起こり卵子の通り道が狭くなる症状があらわれます。初期の段階であれば、自然治癒が可能です。しかし、癒着し卵子の通り道がなくなると、手術による治療となります。卵管がくっついてしまうと、子宮外妊娠の原因となります。


卵管炎の症状に慢性的な痛み

急性の卵管炎は、下腹部に強い痛みが起こります。頭痛や吐き気、関節の痛みと風邪に似た症状です。その為、市販薬を服用してやり過ごそうとする方も多くあります。しかし、原因となる菌を殺さないと症状は改善されません。また、慢性化すると症状は落ち着きますが、抗生物質の効果はなくなってしまいます。

卵管炎の症状と腰痛の関係

卵管炎による腰痛と、筋肉疲労による腰痛は症状が異なります。筋肉疲労による腰痛は、姿勢を変える、または整体に治療をうけると痛みが引きます。しかし、卵管炎による腰痛の場合、姿勢を変えても症状が変わることはありません。横になっても痛みが引かない場合、早期に病院にかかる必要があります。

急性卵管炎の症状

急性の卵管炎の場合、症状としては下腹部に強い痛みとおりものの増加、不正出血があります。発熱を伴うものもあり、中には40度近くまで熱が出ることもあります。急性卵管炎であれば、抗生物質を服用すれば早い完治は可能です。しかし、慢性化すると抗生物質の効果は少なくなります。

卵管炎は不妊、異常妊娠の原因となります

卵管炎は卵子がとおる道の為、炎症がおこると管は細くなります。その為、卵子が子宮内に着床せず、子宮外妊娠、または不妊症の原因となります。卵管炎の症状は、風邪と似ている為、発見が遅れてしまいます。しかし、クラミジアによる卵管炎の場合、自覚症状がありません。早期治療により、すぐに完治します。おりものの異常、下腹部痛といった症状は、すぐに病院へかかりましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です