PTSDの治療法- NHKで取り上げられたemdr法や薬物治療

PTSD 治療法

PTSDの治療法については、過去も様々な研究がおこなわれてきました。現在では、行動認知療法によって言葉で心に働きかけ、トラウマが原因のストレスを和らげる方法が一般的です。しかし、最近になって全く新しい治療法が注目を集めているようです。

スポンサーリンク

PTSDの治療のギモン

Q:新しい治療法とは何ですか?

A:EMDRと呼ばれる手法です。過去の体験を思い出しつつ、一定の眼球運動を行う事で、脳の働きのバランスを整えるとされています。

Q:どの医療機関でも受けられるのですか?

A:残念ながら、EMDRを行っている病院は、まだ日本では少数です。また、その効果については疑問を呈している専門家もおり、さらなる研究が待たれています。

Q:薬による治療は危険なのでしょうか?

A:辛い身体的な不調を和らげるための薬の中には、強い効果を服も物もあり、長く服用する事で副作用が生じる危険があります。

しかし、処方する医師もそのことを念頭に置いて治療をするため、基本的には医師の指導に従っておけば安心です。

PTSD 治療法-NHKの番組

先日、NHKでPTSDの新しい治療法について取り上げる番組がありました。その中で紹介されていたのが、EMDRと呼ばれる治療法です。

PTSDのフラッシュバックが起こっている時、右脳と左脳の働きがバランスを崩している点に着目し、細かい眼球運動を行う事で、脳の働きを強制的に改善させ、症状を和らげようという試みです。


PTSD 治療法-emdr

EMDRとは、Eye Movement Desensitization and Reprocessing(眼球運動による脱感作と再処理)の略で、眼球運動を行いながらトラウマを思い起こす治療法です。

これを繰り返すことで、フラッシュバックなどの症状を引き起こしてしまう神経回路を断ち切り、正しいバランスに戻すことが可能だとされています。

PTSD 治療法 薬

PTSDでは、行動認知療法だけでなく、薬物療法もおこなわれています。患者の症状に合わせて抗不安薬などを処方する事で症状を和らげ、その間にカウンセリングなどを通じてストレスに対する耐久力を付けて行きます。

また、医療機関によってはリラックス効果の高い漢方薬やアロマテラピーを活用しているところもあります。


PTSDの治療法は色々ある

身体の病気と異なり、PTSDなどの心の病気は克服へ向けてのアプローチも様々です。昔ながらのカウンセリングから、脳の働きに着目したEMDRまで、方法はたくさんあります。

自分がどんな治療を受けられるのか、どんな治療が合っているのかを考える事も、克服への近道となります。

情報収集を行いながら、無理なく、しっかりと治療を行える環境を整えましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です