鮮血の不正出血!女性必見!おりものに鮮血が混じる、その原因は?

不正出血は、不正出血とも言われていて、生理以外の日にから出血している状態のことを言います。

また、その出血量も不正出血を起こしていることすらわからないぐらいの少量であったり、大量の塊となって出てくる場合もあります。

血の色も茶色っぽいものであれば、鮮血の場合もあり、個人差などによっても違ってきますので、一概に「この出血は大丈夫です。すぐに止まるでしょう。問題はありません。」と言えないところがあります。

Q:不正出血の原因を大きく分けてどんな種類があるのですか?

A:排卵やホルモンバランスの乱れによることで起こる機能性出血と子宮や血液疾患などが原因で起こる器質性出血の2種類があります。

Q:ピルを飲んでいるのに急に不正出血を起こすことがあるのですか?

A:ピルを飲み始めのころに多くの人が不正出血を起こすと言われています。低用量ピルの場合、エストローゲンの量が少量で、生理初日から服用となっているため排出できない血液がそのまま残っていて、それが衰退出血の際に大量に出てしまうことがあります。

Q:ピルは不正出血に効果がないの?

A:ピルを飲むことで女性ホルモンのバランスを保つことができますが、ピルを飲み忘れてしまったり、ストレスや疲労、睡眠不足などの影響で、多量の不正出血を起こす場合があります。また、子宮内に異常がある場合には、あまり効果はありません。

スポンサーリンク

不正出血の鮮血が大量?塊?

生理でもないのに急に大量の鮮血の不正出血が、万が一みられるようであれば、一度産婦人科で子宮頸がん、子宮体がんの検査などの検査を受けるようにしましょう。

不正出血自体、あってはいけないものなのに、大量に出血する場合は、何らかの病気が疑われます。

たとえば、突然腹痛に見舞われ、大量の鮮血の塊が出た場合、子宮内膜症あるいは卵巣脳腫瘍が疑われるからです。

この場合だと、子宮内にある膿を取出し、ホルモン治療をすることで、生理痛もなくなり、不正出血もなくなっていきます。

さらに、大量の鮮血の塊が出てるという悩みから、精神的に参ってしまうこともあります。

そうなると、過度のストレスがかかり、ホルモンバランスも乱れてしまいます。

そうならないためにも早急に産婦人科に行って、検査を受けることをお勧めします。

ピルは不正出血にどう?

ピルを飲めば、ホルモンバランスもよくなり、不正出血を起こさなくなると思っていませんか?

確かに、ピルを飲むことで、生理痛などの痛みもなくなり、ホルモンバランスも整ってきます。

しかし、決められた時間通りに飲まないとピルの効果もなくなり、少量あるいは多量の鮮血の不正出血を起こす場合があります。

また、ピルの種類によっても不正出血の量や期間も違ってきますので、処方法に従って服用するようにしましょう。

鮮血の不正出血が大量に出た場合

疲労や過度のストレス、睡眠不足などが続く場合、女性ホルモンのバランスがどうしても悪くなってしまいます。

そのため、生理以外に不正出血を起こす場合があります。

常にリラックス状態を保ち、ストレスや疲れをためないようにする工夫をするとともに体にいいものを摂取するようにしましょう。

また、その不正出血の量や色、さらには期間などにかかわらず、何が原因で不正出血を起こしているのかを調べてもらう必要があります。

特に器質性出血の場合は、子宮がんや子宮頸がんなど女性にとってはつらい病気になってしまう可能性もありますから、早めに受診しましょう。

受診する際には、不正出血の期間、色、量、そして、その時どんな状態だったのかということを問診で聞かれますので、記録しておくようにしましょう。

また、基礎体温をつけている人の場合は、その基礎体温記録も一緒に持参しましょう。

つけてない人は、基礎体温をつけて体調の変化をみるように勧められる可能性もあります。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です