生理前の吐き気!原因や緩和方法は?生理前の吐き気に悩む女性必見

女性は男性と異なり生理周期があります。みなさんもご存じのとおり、生理は子供を作るためには必要な事なのですが、これが原因となって吐き気などの不快な症状をもたらすことがあります。

Q:吐き気は生理前に起こりやすいのでしょうか?
A:生理周期の影響で体調が変わりやすい時期に起こりやすいです。

Q:生理前の不調は誰にでもありますか?
A:毎月のようにある人とそうでない人がいます。

スポンサーリンク

生理前の吐き気と胃痛

生理3~10日前になると何らかの不快な症状が出るという方はPMS(月経前症候群)の可能性があります。

【PMSの主な症状】
倦怠感、眠気、吐き気、下腹部痛、胃痛、ほてり、熱っぽい、イライラ、頭痛、腰痛、便秘、空腹感、暴食など

人によっては下痢や満腹感、拒食など、上で挙げたものとは逆の症状が出ることもあります。倦怠感や胃痛といったよく聞かれる症状だけに限らず、月経前の時期に同じような症状を繰り返す場合には、PMSを疑ってみる必要があるでしょう。

生理前の吐き気の原因

PMS(月経前症候群)の原因は残念ながら現在のところ具体的には解明されていません。しかし、月経前の時期に多く分泌される黄体ホルモンの影響ではないかと考えられています。黄体ホルモンとは簡単に言えば女性ホルモンの一種のことです。お腹で赤ちゃんを育むために必要なホルモンで、排卵日頃から生理予定日頃に多く分泌される為、この時期に体の不調を感じることが多いと考えられています。

生理前の吐き気を緩和するには

吐き気などの生理前のつらい症状を緩和するには、しっかり睡眠をとったり、体を冷やさないようにしたりするのが良いとされています。あなたは慢性的な疲労や寝不足に悩まされていたり、手足の先が冷たくなっていたりはしませんか?
心身を休めるようにしたり、温かい飲み物を飲んだり軽いストレッチをしたり、お風呂に入るなどしてリラックス、心身の緊張の緩和を心掛けてみましょう。

生理前の吐き気に漢方

東洋医学では血流やむくみといった体の小さな不調が、生理前に起こる不快な症状を引き起こしているという考え方があります。そして、それを緩和してくれる方法のひとつが漢方です。
【PMS(月経前症候群)に良いとされる代表的な漢方】
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)など

漢方はあれやこれやと試すよりも専門家に体質や症状を相談したうえで適したものを選んでもらうのが良いです。漢方を販売している薬局や漢方専門のお店に足を運んでみてはいかがでしょう。

生理前の初めての吐き気

生理前の症状で注意したいのは「今回初めて吐き気を感じた」など、これまでとは違う初めての症状がみられる場合です。これは妊娠による症状、いわゆる妊娠超初期症状である可能性もあるためです。特に思い当たりのある方は慎重に、安易に薬などを飲まないようにしたうえで、妊娠検査薬を使用されてみると良いでしょう。妊娠検査薬は薬局で購入することができ、早い物なら生理予定日から測定できる種類もあります。ただし、症状がひどい場合や不安がある場合には病院で相談されて下さいね。

月経前の不調を感じたら無理をしないことが大切

月経前の不調を感じても「毎月のことだから」「病気ではないから」と多くの女性が無理をしてしまいがちです。しかし、疲れやストレスはPMSの症状を悪化させてしまうこともあります。無理をせず可能であれば休息をとるなどして心身を休めましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です