生理前の腹痛!腰痛や吐き気の原因と薬や、妊娠超初期症状について

生理前に腹痛を感じるという女性は多いのではないでしょうか。特に30代は、PMSこと月経前症候群にかかる女性が多いと言われており、このような不快な症状で悩みがちです。しかし、PMSの身体的な症状は20代の女性にも多く見られます。その為、20代・30代の女性は特にPMSに注意しましょう。

Q:ほとんどの女性がPMSを経験してるって本当?
A:20代・30代の働く女性のおよそ9割が、何らかの症状を経験しているというデータがあるほどです。その為、経験していない女性の方が珍しいと言えるでしょう。

Q:年齢で症状が変わるの?
A:20代は身体的、30代は精神的及び社会的な症状が出やすいと言われてます。なお、30代後半になるとこれらの症状は一旦落ち着きますが、40代を迎えると同時に、全ての症状が出やすくなるので注意が必要です。

スポンサーリンク

妊娠超初期 生理前 腹痛

生理前の腹痛は、妊娠超初期の下腹部の痛みと大変似ています。その為、素人がその違いを見極める事は非常に困難です。実際に、妊娠超初期の下腹部の痛みを、生理前の腹痛と勘違いしていたという女性は珍しくありません。ただ、妊娠超初期の下腹部の痛みの方がどちらかというと軽いという意見もあるので、参考にしてみると良いでしょう。

生理前 腹痛と腰痛

生理前の腹痛と同様に多く現れる症状が、腰痛です。この場合、子宮の後ろ側部分にピンポイントで痛みを感じると言われています。また、腰痛だけでなく全体的に重みを感じるという女性も多いようです。腹痛も腰痛も、体を冷やすと悪化するので、体の中でも特に足腰を冷やさないよう心がけましょう。

生理前 腹痛と吐き気

生理前には、腹痛だけでなく吐き気も感じる女性は少なくありません。この吐き気に大きな影響を与えているのが、ストレスです。ストレスを感じると、吐き気や喉の違和感といった生理前の症状が現れると言われています。その為、できるだけストレスは溜め込まないようにして、定期的に解消するよう心がけましょう。

生理前の腹痛に薬

生理前の腹痛は、市販の薬でも抑える事ができます。もし、市販の薬で抑えたいという場合には、イブプロフェンが配合されているものを選ぶと良いでしょう。イブプロフェンは、プロスタグランディンと呼ばれる痛みの原因となる物質の生成を抑えてくれます。その為、イブプロフェンが配合された鎮痛剤を服用してみると効果が期待できるはずです。

生理前の腹痛の原因

生理前の腹痛の原因と言われているのが、プロスタグランディンです。子宮内膜から分泌されるプロスタグランディンは、子宮の収縮を促す物質の為、子宮の収縮活動が活発化し、腹痛を引き起こしてしまうのです。しかし、プロスタグランディンだけでなく精神的な要因、つまりストレスも原因として考えられているので、ストレスも溜め込まないようにするのが一番です。

生理前の症状は腹痛だけではない

生理前の症状には色々な種類があり、腹痛だけとは言えません。また、その症状の度合いに関しても、個人差が見られると言えるでしょう。しかし、どのような症状であっても、体内で分泌されるホルモンやストレスが影響を与えていると考えられています。体内で分泌されるホルモンに関してはどうする事もできませんが、ストレスに関しては自分自身で解消する事もできるはずです。その為、少しでもPMSを軽くしたいと考えるのであれば、まずは上手くストレスを解消する事を心がけましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です