生理前の症状!眠気・腹痛・イライラ・下痢、不快症状を改善するには

生理前1週間頃から、生理開始3日から4日まで肉体的もしくは精神的な症状が現れる場合、PMSである確率が高いと言えるでしょう。なお、PMSは生理に伴って起こるものなので、閉経まで付き合う事になるでしょう。その為、上手な付き合い方を見つける事が一番です。

Q:PMSが発症しやすい年齢は?
A:PMSは年齢を問わず発症しますが、主に20代・30代・40代の女性に多いと言われています。

Q:コーヒー好きだとPMSになりやすいって本当?
A:本当です。これは、コーヒーに含まれるカフェインが原因と言われています。実際に、カフェインを摂取している女性の方が、生理前の症状が現れやすいという研究データもあるので、よくコーヒーを飲む女性は注意しましょう。

Q:アルコールもPMSに影響するの?
A:カフェイン同様に、アルコールも影響を与えます。アルコールは不安感を増長させるだけでなく、神経の緊張も招きます。その為、生理前の症状が現れやすいという女性は、アルコールの摂取も控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

生理前 症状 眠気

生理前の眠気の症状は、黄体ホルモンの一つであるプロゲステロンによるものです。プロゲステロンは催眠作用を持っており、多く分泌されると眠気に繋がるのです。また、体温を上昇させる働きもあり、睡眠中と日中の体温の差を曖昧にしてしまいます。その結果、日中に眠気を感じてしまうと言う訳です。

生理前 症状 腹痛

生理前の腹痛の症状で多いのが、下腹部に痛みを感じるというものです。これは、子宮内膜から分泌されるプロスタグランディンと呼ばれる物質による影響です。プロスタグランディンは、子宮の収縮を促す作用を持った物質であり、出産後に子宮を縮める働きも持っています。なお、腹痛には個人差があり、ひどい場合には起きる事が不可能になる事もあるので、ひどい場合には専門医を受診するようにしましょう。

生理前 症状 イライラ

数ある生理前の症状の中でも、最も多くの女性が感じるのがイライラです。この原因は、ホルモンバランスの乱れと脳内神経伝達物質であるセロトニンの減少と言われています。特にセロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、そんなセロトニンが減少すると、イライラしてしまうのも当然と考えられるでしょう。また、後で自己嫌悪に陥る女性も多いので、生理前でイライラしているという事を周りに話しておくというのも、一つの対策と言えるでしょう。

生理前 症状 下痢

生理前に起こる下痢の症状には、体の冷えが影響しています。体の冷えは、自律神経のバランスに乱れを生じさせてしまいます。その為、できるだけ体が冷えないように、靴下を履く、インナーを着用するなどの対策を施しましょう。また、下痢気味だと感じたら、冷たい食べ物や飲み物を控える事も大切です。さらに、フルーツやお菓子も、腸の中に水分を溜めてしまう食べ物なので、下痢気味の場合は控えましょう。

生理前 症状 改善

生理前の症状の改善には、いくつかの方法が挙げられます。
・食生活の改善
・有酸素運動
・低用量ピルの服用
・漢方薬及びサプリメントの服用
・ストレスの解消
なお、いずれの方法も取り組んだらすぐに効果が現れるというものではありません。その為、数ヶ月は継続して取り組む事が必要です。

生理前の症状だからと我慢しない

生理が来たら治るからと、生理前の症状を我慢する女性もいます。しかし、あまりにもつらい時は我慢せずに、病院へ足を運びましょう。実際に、PMSで受診するとなると、恥ずかしく感じる女性もいるようですが、毎月つらい思いをするよりも、病院で治療を受けた方が、上手な付き合い方となるはずです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です