胃潰瘍の症状!めまい・ゲップ・下痢、ストレスによる胃潰瘍の症状

ストレスが原因となってかかることの多い胃潰瘍。お腹が痛くなる事はよく知られていますが、他にはどんな異常があるのでしょうか。知っておくと、自分の体の異常にいち早く気づくことができるかもしれません。

Q:なぜ、症状を知っておく必要があるのですか?
A:胃潰瘍はストレスの多い現代社会ではさほど珍しくもない病気ですが、悪化すると胃を切除しなければならないなど、大事になる事があります。そこで、前もって症状を知っておき、いち早く気づくことで、病気を初期状態で発見できるようになります。

Q:胃痛以外はどんな症状があるの?
A:めまい、ゲップ、下痢、便秘、体重の減少、嘔吐などが挙げられます。消化器全般に渡って何か不調を感じたら、要注意です。しばらく様子を見て、治らないようなら医師の診察を受けましょう。

Q:胃がんとは違うの?
A:胃潰瘍と胃がんの所見は良く似ています。このため、胃潰瘍と診察を受けた人でも必ず潰瘍部分の組織のチェックを受けます。胃がんかもしれないと怖がって検査を受けた人が、実は単なる潰瘍だったという結果も珍しくありません。

スポンサーリンク

胃潰瘍の症状とストレス

なぜ、ストレスが原因で潰瘍になってしまうのでしょうか。胃は強い消化液で食べ物を消化してくれますが、同時に、その消化液で胃そのものがダメージを受けないよう、粘液などでない膜を保護しています。ストレスからくる睡眠不足やホルモンバランスなどの乱れで、胃酸が過多になる、防御力が弱くなるなどして潰瘍になってしまうのです。

胃潰瘍の症状とめまい

胃潰瘍でめまいを感じる、と言うと、不思議に思う人も多いかも知れません。普通、めまいと言えば耳や心の病気を疑いがちですが、実は潰瘍が悪化してもめまいを感じてしまうのです。傷から出血し、吐血や下血の症状が出るようになると、当然貧血状態となり、めまいにつながってしまいます。

胃潰瘍の症状とげっぷ・下痢

げっぷや下痢も、消化器の潰瘍では良く見られる所見です。胃の消化力が潰瘍によって低下する事で、お腹にガスがたまり、それがげっぷとなって外に排出されます。下痢になるのも、食べ物をきちんと消化できていない証拠です。常に胃が圧迫されているような感覚があり、やたらとげっぷが出る、あるいはげっぷが出そうで出ないなどの症状に気付いたら、医師の診察を受ける事をおすすめします。

胃潰瘍の症状チェック

ただの胃炎なのか潰瘍なのか、痛みが軽い間はなかなか判断が付かないものです。インターネット上で配布されているチェックシートを使えば、個人でもある程度の判断を下すことが可能です。みぞおちや胃の痛みに関する簡単な質問に答えるだけのものですが、あくまでも診断の目安にしかなりませんので、不安な場合は医師の診察を受けましょう。

気が付きにくい胃潰瘍の症状

ストレスが原因となって引き起こされる多くの病気は、症状が軽い初期の間に病気に気付くことが難しい点が問題視されています。消化器官の潰瘍も同様で、初めの内はげっぷや下痢、便秘などが目立ってしまうため、単にちょっとお腹の調子が悪いのかも知れない、で済まされてしまう事が多いのです。この段階で潰瘍の存在に気づくことができれば、その後の治療は格段に順調になります。普段とは異なる身体の異変に気が付いたら、念のために病院へ行く習慣をつけるとよいでしょう。もっとも、人によっては潰瘍に気付かないまま時間が経過し、いつの間にか治ってしまったというケースもあるそうです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です