適応障害とは?仕事の異動がきっかけに?障害年金や診断はどうなる?

適応障害とはストレスが原因となって日常的・社会的な生活を送るのが困難になる病気です。このため、発症すると仕事などで問題が生じる事があります。病気と上手く付き合いながら仕事を続けて行く事は可能ですが、ストレスの原因が仕事にある場合などは、かえって症状を悪化させる可能性があります。

Q:仕事を続けることは可能ですか?
A:適応障害とはストレスの原因がはっきりしている病気なので、その原因が仕事とは無関係の場合は、続けて行くことが可能です。職場の人間関係やパワハラなどがストレスの原因になっている場合は、そこから離れることが治療の第一歩となるため難しいかも知れません。

Q:休職・退職した場合の手当はありますか?
A:治療のために退職した場合、病気が完治するまでは失業保険などを受給する 事はできません。ただし、健康保険の「傷病手当金」は受給することが可能です。適応障害で退職した多くの人が、傷病手当金の給付を受けています。

Q:再就職の際に不利になりますか?
A:法的には、完治済みの過去の傷病を理由に雇用を渋る事はできません。自信を持って就職活動に臨みましょう。

スポンサーリンク

適応障害と仕事

適応障害とは外的要因がストレスとなって精神的・身体的な不調が生じる疾患です。原因には色々ありますが、職場の人間関係やノルマのプレッシャー、パワハラなどが原因となる事も多くあります。仕事上のストレスが原因となる場合、職場に行くことで症状が悪化してしまうため、自宅では比較的元気なのに、職場では全く動けないと言う状態に陥りがちです。

適応障害と仕事の異動

適応障害とは人的ストレスが原因になる事も多い疾患なので、職場の異動が原因で症状が出てしまう人もいます。環境の変化などに心身が対処しきれなかったことが理由です。逆に、適応障害で悩んでいた人が、異動をきっかけに治癒したという例も少なくありません。職場の人間関係などがストレス要因となっている場合は、可能であれば職場を異動させてもらえないか、検討してみるのも良いでしょう。

適応障害と障害年金

適応障害を発症した場合、障害年金を受け取ることができるのでしょうか。この問題は、実は非常に難しいところです。原則として、適応障害という病気そのものは、障害年金の受給理由には含まれていません。また、明確な数値などで病状を示すことができないため、医師の主観によってしまう点もあります。逆に言えば、適応障害とはどんな病気か、医師がしっかりと診断書を書いてくれれば、受給が可能な事もあります。

仕事と適応障害の関係

適応障害とは、外見上から病気だと判断することがとても難しい病気です。このため、仕事に支障があるような症状が出てしまった時に、周囲から甘えと判断されたり、怠けていると見られたりする事もあります。しかし、傷病手当金や障害年金の受給など、サポートする制度も存在しています。また、職場の理解が得られれば、治療を続けながら仕事をする事も十分に可能です。周囲とよく相談し、納得のいく解決法を見出すことが大切です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です