うつ病と仕事!会社がつらい・行きたくない人、悩む前に要チェック

仕事で上手く行かない事があると、上司や同僚、環境のせいにするという症状が、新型うつでは見られます。新型うつとは、これまでのうつ病とは症状が異なる上に、20代や30代といった若年層に多いのが特徴です。

Q:新型うつになりやすい人って?
A:負けず嫌いである、真面目、プライドが高い、人間関係に気を遣いすぎるといった人に多く見られます。

Q:症状がいくつかあるって本当?
A:新型うつは症状によって、発達障害型、非定形うつ病、ディスチミア症候群の3種類に分類する事ができます。

スポンサーリンク

うつ病 仕事 行きたくない

仕事に行きたくないと思うと、そこから憂鬱な気分になり、肉体的な症状が出て結果的に職場に行けなくなるという悪循環を、うつ病が生み出すケースがあります。例えば、仕事に行きたくないと思いながらも職場に行った結果、集中力が低下してミスを犯してしまう事があります。そこで上司に怒られてしまうと、その時の事を思い出してますます悪循環がひどくなります。こうした場合、ただ薬物療法でうつ病を改善させるだけでなく、問題なく職場に復帰できるようなリワーク支援も必要になります。

うつ病 仕事 ついていけない

うつ病にかかりやすい人は、仕事熱心で頑固であると言われています。そして仕事で完璧を求めるがあまり、心がついていけない状態に陥ります。しかし、心がついていけない状態になっても、自分をうつ病だと認めたくはない為、病院に足を運ぶ事はありません。こうして、症状を悪化させる人は決して珍しくはありません。どこかに思い当たる節がある人は、注意が必要です。

うつ病 仕事 つらい

うつ病には、集中力や判断力の低下といった症状があります。こうした症状で仕事でミスをしてしまうと、どんどんつらい気持ちを抱える事になり、自分を情けなく感じてしまいます。しかも、理解者がいなければ、つらい気持ちを吐き出す事もできません。こんな状態では、仕事が出来ず会社の負担になりますし、自分自身の負担も相当なものになります。こんな時は、思い切って休養を取るようにしましょう。それが、会社にとっても自分自身にとっても最良の選択です。

うつ病 仕事 休む

うつ病で仕事を休むのが怖いという声をよく耳にします。特に、給与を得られなければ生活が出来ないと悩む方が多いようですが、そんな時には健康保険組合の傷病手当を活用しましょう。最長で1年6ヶ月の間、生活費の支給を受けられるので、安心して休む事ができます。なお、生活費として支給される金額は、これまでの給与の60%が基本となりますが、労働組合などが補助金を上乗せしてくれるケースもあるので、一度詳しく調べてみましょう。

うつ病 仕事 休職 給料

うつ病で仕事を休職する場合、まずは休職制度を調べてみましょう。この制度は任意の為、企業次第となりますが、仕事を休んでいる間でも給料を受け取る事ができます。なお、受け取る事ができる金額も、企業次第です。中には補助金の上乗せで、これまでの給料とほぼ同じ金額を受け取れる企業もあります。この制度を利用すれば、会社を辞める事無く仕事から一定の距離を置く事ができるので、治療に専念できるでしょう。

うつ病も新型うつも仕事に影響を与える点は共通

新型うつとうつ病には症状の違いが見られますが、仕事に対して何らかの影響を与えるという点は共通しています。その為、どちらもきちんと治療に取り組む事が必要になるという事を、周囲は理解しましょう。また、職場復帰した際は温かく見守り、これまでと変わらない態度で接しましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です