うつ病の接し方!メールはOK?うつの彼女・夫婦・会社の仕事仲間

心の風邪とも呼ばれるうつ病は、女性の場合、男性よりも発症リスクが高くなっています。その為、女性にとっては友達や母親、姉妹がうつ病になってしまうというケースは珍しくはありません。そこで、どんな病気なのかを多少は知っておくと役立ちます。

Q:どんな病気なの?
A:何もする気が起きない状態が長く続く事で、日常生活にも支障をきたしてしまう病気です。

Q:悪化したら怖いって本当?
A:症状が悪化すると、生きている価値はないと考え、自傷行為や追い込まれた自分に走る事もあります。

スポンサーリンク

うつ病 接し方 彼女

彼女がうつ病になったら接し方がわからないという男性は多いようです。男性は女性よりも発症リスクが低いので、接し方がわからないのも当然と言えるでしょう。そんな時には、彼女をそのまま受け入れてあげましょう。相手を責めたり、自分の価値観を押し付けると、ケンカになってしまいます。別れたくないと考えるのであれば、弱さも全て受け入れる覚悟を決めましょう。

うつ病 接し方 夫婦

夫婦のどちらかがうつ病になると、それをきっかけに離婚まで話が発展する事があります。勿論、離婚によって症状が改善されるのならば、それも一つの方法です。しかし、夫婦で寄り添って生きて行く事を考えた場合、接し方はとても重要になります。特に、相手を思うがあまり、自分を犠牲にしてしまう事はやめましょう。それでは、心の風邪とも呼ばれるうつ病に、貴方もかかる可能性が出てくるので、接し方には注意しましょう。

うつ病 接し方 会社

うつ病で会社を休職していた方が職場復帰する場合、職場復帰をする側も、周囲の接し方にかなり敏感になっている事でしょう。そこで注意したいのが、会社全体でうつ病への理解を深めるという事です。理解できない方がいると、職場復帰をしてもまた休職してしまう可能性があります。そこで偏見を一掃して、働きやすいと感じられる環境を作る事が大切です。

うつ病 接し方 仕事

仕事上の部下がうつ病にかかってしまった場合の接し方で悩む上司は多いようです。特に20代や30代に新型うつが流行っており、上司からするとどう接したら良いのかわからないというのも当然です。まずは、部下の仕事内容をチェックしてみて下さい。原因となるような大きなストレスをかけてはいなかったかどうかを、調べましょう。また、立ち直らせなければと思うがあまり、励ましたり、頑張れという言葉をかけてしまう上司もいます。こうした接し方は立ち直らせるどころか逆効果ですので、控えましょう。

うつ病 接し方 メール

うつ病の方との接し方で、メールを送って良いのかという疑問をよく耳にします。メールを送る事は、問題ありませんが、あまり頻繁に送るとプレッシャーになるので、少し距離を置くようにしましょう。また、内容も返信が必要なものではなく、返信してもしなくても良いような内容がベターです。何故なら、返信をしなければならないと思う事も、プレッシャーになってしまうからです。

うつ病の方との接し方には理解が必須

うつ病の方と接する場合には、病気に対する理解が欠かせません。どうしても偏見の目で見てしまう方がいますが、こうした偏見があると当然間違った接し方になってしまうからです。そこで、きちんと病気を理解する事、心の風邪という事で自分もかかるかもしれないという事を、把握しておきましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です