頭痛原因チェック!寝すぎや首こりに原因?腹痛やおでこ痛を伴う頭痛

痛みの原因には様々なものが考えられます。パソコン仕事などが続いて首や肩の筋肉が凝り固まって起きるもの、風邪などの病気が原因で熱があるため起こるもの、女性の月経前症候群などホルモンや自律神経の働きが乱れて起こるものなどがあります。他にも、歯が悪い、休日に寝過ぎたことによって脳の血管が広がって痛みが起きる事もあるようです。

✔ 頭痛の原因になる病気にはどんなものがありますか?
⇒ うつ病などの精神病、脳梗塞やくも膜下出血などの血管の病気、他にも追い込まれた自分したくなるほど痛くなると言われている恐ろしい群発頭痛などの病気もあるようです。高血圧、肺炎、そしてインフルエンザの初期にもあらわれます。

✔  頭痛の時には、冷やした方が良い?それとも温めるべき?
⇒ 片頭痛の場合には冷やす、緊張型の場合には温めると、痛みの種類によって対処方法が変わります。長時間のパソコン仕事や緊張する場面が続いた後に頭痛が起きた場合には、温めて首や肩の凝りをほぐすと楽になってくる事が多いようです。

✔ 薬は飲みすぎない方が良いの?
⇒ 仕事中や車の運転中など、どうしてもゆっくりと休むことが難しい時などには鎮痛剤に頼るというのも仕方がないかもしれませんが、なるべく薬に頼りすぎずに過ごす方が良いようです。薬を飲みすぎていると依存症のような状態になり、いざ効いて欲しいという時にしっかりと効いてくれないという状況になる可能性があるからです。

スポンサーリンク

歯痛と頭痛の関係

なかなか治らない頭痛の原因は、歯が原因となっている事もあるようです。虫歯の根幹治療が途中で終わっていて、歯の根元の方が化膿している場合などにはずきずきとした痛みが襲ってくることがあります。また、親不知や顎関節症などが頭の痛みを引き起こすこともあります。

寝すぎが頭痛の原因に?

平日の仕事の疲れが溜まっていて、ついつい休みの日には寝すぎてしまう事が多いですが、この寝すぎも頭の血管が広がりすぎてしまい頭痛を起こすことがあります。風邪やインフルエンザで熱を出して1日中寝込んでいた時などにも、寝すぎて頭が痛くなってしまうこともあるので注意をしましょう。

首からくる頭痛

パソコンやスマートフォンなどを長時間使っていると、肩や首の周りの筋肉が凝り固まり、これが原因で頭が痛くなる事もあります。仕事などでどうしても長時間パソコンの前に座らなくてはいけない場合には、定期的に腕を回すなど身体を動かし、あまりにひどい場合には温湿布や温めたタオルなどで患部を温めると改善する事があります。

腹痛と頭痛の関係

頭も痛いけれども腹痛もあるなど、頭とお腹が同時に痛くなる場合には、風邪やインフルエンザなどにかかっている可能性があります。熱がある時にも頭は痛くなりますから、充分な栄養をとって身体を休めるようにしましょう。

おでこ痛を伴う頭痛の原因

おでこが痛くなる頭の痛みは。副鼻腔炎が原因である可能性があります。花粉症や風邪などが長引くと、鼻の穴の中にある副鼻腔と呼ばれる空洞に細菌などが入って炎症を起こすとおでこのあたり痛くなることがあるようです。

頭痛の原因は様々なものがある

頭が痛いと、薬が効いてくるまでは何もやる気が起こらなくなってしまいますし、不快な症状が続くのは嫌ですよね。緊張型の頭痛や片頭痛などの一般的なタイプの他にも、歯の痛みや鼻のつまりが原因になっている痛みもあるようです。原因と症状から、ご自身の痛みのタイプはどのタイプなのかを見極め、適切な対策を取るようにしたいですね。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です