うつ病診断とは?女性も子供も気をつけたい「うつ病」を診断しよう

女性は10代から60代まで、年齢を問わずうつ病を発症しやすいと言われています。その発症リスクは、男性と比較するとおよそ2倍高くなっているので、気になる症状が続く場合は、うつ病診断を受けるようにしましょう。

✔ うつ病診断は無料でできるの?
⇒ インターネット上に開設されているものの多くが、無料で利用可能です。

✔ 無料のうつ病診断の精度は?
⇒ あくまで目安程度に考えて下さい。何故なら、女性の場合は貧血などでもうつ病によく似た症状が出るからです。しかし、症状が長引いてなかなか治らないといった時には、専門の医療機関を受診すべきでしょう。

スポンサーリンク

うつ病診断 病院

病院でうつ病診断を受ける場合、問診が実施されます。しかし中には、自分が感じている苦しさやつらさ、悲しみを上手く伝えられないという方も少なくはありません。そんな時には、問診用のメモを作ってから病院に足を運んでみると良いでしょう。メモには、最近の気分や食欲、睡眠の状態や日常生活で不自由に感じている事などを書きとめておくと、問診にも答えやすくなるでしょう。

うつ病診断 血液検査

うつ病診断では、問診以外にも血液検査が行われます。血液検査で重要になるのは、PEAことリン酸エタノールアミンと呼ばれる物質です。このPEAが少ない方ほど、症状が重度であると言われています。また、パニック障害や適応障害との区別も、このPEAによっておよそ90%の確率で行えるようになりました。その為、うつ病診断を行う上で、PEAの量を調べる事は欠かせません。

子供 うつ病診断

子供は、大人ほど自分自身の感情を上手く言葉に出来ません。その為、インターネット上のうつ病診断を行う事も難しいはずです。中には、親が代わりに答えるうつ病診断もありますが、答える為にはそれだけ子供の事を詳しく把握する必要があり、大変です。そこで、ちょっとした変化も見逃さないようにし、うつ病のサインが発された時もきちんと受け止めるようにしましょう。

新型うつ病診断

20代や30代といった若い世代に増えているのが、新型うつと呼ばれるうつ病です。従来の病気とは異なり、気分の浮き沈みが激しく、夕方になると特につらさを感じる、会社に行くと症状が悪化し、休日には症状が良くなるといった特徴があります。こうした特徴を持つ新型うつ病診断も、インターネットを使えば無料で行えます。

日々進化するうつ病診断

手軽にうつ病診断が行える反面、若い世代には新たな症状を持ったうつ病が現れて来ました。その為、診断方法や治療方法だけでなく、うつ病そのものもまだまだ進化途中であると考えるべきであり、発症リスクの高い女性は常に心の健康に気をつける必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です