うつ病の症状とは?落ち込み・怒る・不安・過眠・不眠・耳鳴り・嘔吐

うつ病の女性患者は、20代から40代にかけて多く、特に40代はピークを迎えます。また、一旦50代では落ち着くものの、60代からまた増加傾向になります。その為、働き盛りの年代と高齢者の女性患者が、特に多いと言えるでしょう。

✔ うつ病は何故働き盛りに多いの?
⇒ 仕事だけでなく結婚や、女性の場合は妊娠・出産などホルモンバランスの変動が大きく見られる年代だからです。

✔ うつ病が高齢者に多い理由は?
⇒ 子供の独立による孤独感や、家族との別れなどによる喪失感を最も感じやすいのが、高齢者だからです。こうした感情が原因で塞ぎこみ、うつ病になる事は珍しくありません。

スポンサーリンク

うつ病 症状 怒る

普通うつ病と聞くと、落ち込んだり泣いたりするのでは?と考える方がおおいようです。しかし症状には個人差があるので、イライラしやすくなって怒る方もいます。特に、うつ病によって自分の思う通りに物事が運ばなくなると、自分自身に対して怒る事も少なくはありません。しかし、こうした症状は自分自身では気付きにくい為、おかしいと感じたら、周囲の人間が話を聞いてあげるなどの理解が欠かせません。

うつ病 症状 不安

うつ病の症状の一つである不安は、ただ心を落ち着かなくさせるだけではありません。例えば、身体的な症状である動悸も、これが原因で引き起こされていると言えます。また、うつ病以外にもパニック障害や適応障害の原因にもなるので、理由のない病的な不安を感じた場合は、専門医を受診する事をオススメします。

うつ病 症状 過眠

うつ病の症状と言えば、不眠を挙げる方が多いでしょう。しかし、その間逆に当たる過眠の症状で悩む方も少なくはありません。この場合、日中に過剰な眠気を感じてしまうので、仕事や学校などの生活に支障をきたしてしまいます。対策としては、10分から30分程度の仮眠を取ったり、精神刺激薬の服用で日中の過剰な眠気を撃退する方法があります。また、夜間の睡眠の質を向上させるという過眠対策もあるので、専門医と相談しながら自分に適した対策に取り組みましょう。

うつ病 症状 耳鳴り

うつ病患者は、首の筋肉が硬直している状態の方が多いそうです。特に耳たぶの下の筋肉が硬直すると、キーンという高い音の耳鳴りが発生します。こうした高い音の場合は、比較的症状が軽いと言われています。逆に、血液が流れるような音の耳鳴りがする場合は症状が重く、筋肉の硬直もひどい状態です。出来るだけ早く、原因となる筋肉の奥深くに存在する凝りを取り除きましょう。

うつ病 症状 嘔吐

うつ病が原因で、心因性嘔吐を発症する事があります。心因性嘔吐の場合、自覚症状が少なく、ストレスに関しても気がついていない事がほとんどです。その為、胃腸が原因の症状と信じ、内科を受診したはいいものの、何の異常も見つからなかったという事は珍しくありません。もし、内科で何の異常もなかったにも関わらず症状が継続する場合は、心療内科や精神科といった専門機関に再度足を運ぶ事をオススメします。

症状に個人差のあるうつ病

うつ病の症状は人それぞれです。人によって発症するものもあれば、発症しないものもあります。その為、素人が判断するのは難しい病気と言えるでしょう。もし、うつ病の疑いを持ったら、必ず専門医を受診し、判断してもらうようしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です