うつ病チェック!新型うつや子供のうつ!女性も気になるうつ病チェック

一生を通して、女性ホルモンの変動が、女性の身体の中では起こります。そして、この女性ホルモンの変動が、うつ病に影響を与えているという事から、女性は一生発症リスクを抱えて過ごす事になると言えるでしょう。

✔ 年齢によって原因は異なるの?
⇒ 思春期や妊娠・出産、更年期など、原因は異なります。ただし、どの年代でもストレスが大きな要因となる点は共通しています。

✔ マタニティーブルーはうつ病なの?
⇒ マタニティーブルーは一過性ですので、うつ病ではありません。しかし、症状がひどい場合は、産後うつと呼ばれるうつ病の引き金になるケースがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

子供のうつ病チェック

子供はうつ病にはかかりにくいとされてきましたが、最近では親との関係や友達同士の関係が原因で、発症するケースが増えてきました。子供は憂鬱な気分を、悲しいというよりも、どちらかというとイライラで表現する事が多いので、イライラが長引いているようであれば、一度チェックすべきでしょう。また、大人のように自分から専門医に相談するという事はなかなか難しいので、親が行動などをきちんとチェックして見守る必要があります。

うつ病と仕事

うつ病のチェック項目に、集中力、判断力、意欲の低下が挙げられます。もしこの項目に当てはまった場合、仕事の効率が急激に悪くなってしまいます。周りからすると、仕事をサボっているように見えるかもしれませんが、決してサボっているのではなく、やろうと思ってもできないのです。こうした状態を責め立てられてしまうと、患者はますます追い詰められ、最悪の場合は死を選ぶケースもあるので、決して責め立てず、相手の話を聞いて理解するようにしましょう。

新型うつチェック

20代や30代といった若い年代に多く見られるのが、新型うつです。これには、気分の浮き沈みが激しい、会社に行くと症状が悪化し、休日には元気になるという傾向が見られます。まだまだ未知数の部分が多い為、専門家からもこれはうつ病ではなく甘えである、という意見が出るほどです。もし、先に挙げた傾向に当てはまるようであれば、一度新型うつのセルフチェックを行ったり、専門医を受診してみましょう。

うつ病チェック – 厚生労働省

厚生労働省は働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトとして「こころの耳」を開設しています。「こころの耳」には、ストレスチェックやうつ病のセルフチェックが行えるリストが掲載されています。その為、自分の心の状態を客観的に調べてみたいという方は、厚生労働省の「こころの耳」に一度アクセスしてみてはどうでしょうか。

重度のうつ病チェック

重度のうつ病の場合、患者を1人にしておくのは危険と判断され、入院治療が行われるケースもあります。何故なら、入院する事で規則正しい生活を送りながら、ゆっくりと休養を取る事ができるので、精神面が安定しやすいからです。自宅での治療も不可能ではありませんが、24時間家族が患者をチェックするとなると家族の負担も相当なものになるでしょう。その為、入院治療の方が本人にとっても家族にとっても有効です。

女性がうつ病かな?と思ったらセルフチェック

インターネット上にはうつ病のセルフチェックが行えるサイトが数多く存在します。生涯その発症リスクと付き合う事になる女性は、こうしたセルフチェックを活用する事が、早期発見・治療に繋がるので、心の不調を感じたら一度チェックしてみるのが一番です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です