自律神経失調症の薬とは?市販薬・漢方・処方薬!薬に副作用はある?

自律神経失調症は、女性患者が多い病気として知られています。子供から大人まで発症する可能性はありますが、特に20代から50代の女性が注意すべき病気と言われています。そんな自律神経失調症の治療には、薬が用いられる事が一般的です。一体どんな薬が用いられているのでしょうか。

✔ 女性患者が多い理由って?
⇒ 自律神経は視床下部と呼ばれる場所で調整されています。この視床下部が、女性ホルモンの変化で影響を受ける事から、女性患者が多いと言われています。

✔ 具体的な女性ホルモンの変化って?
⇒ 毎月の生理、思春期、妊娠・出産、更年期などで女性ホルモンは変化します。こうした女性ホルモンが変化しやすい時期が多いからこそ、女性患者が多いのです。

✔ 20代から50代の中でも特に注意すべきは?
⇒ 更年期を迎える40代、50代は特に、女性ホルモンの分泌量が不安定になりがちですので、特に注意が必要でしょう。

スポンサーリンク

自律神経失調症 市販薬

自律神経失調症を直接改善できる薬は、残念ながら市販されていません。しかし、自律神経失調症によって引き起こされる様々な症状を緩和させる市販薬ならば、多数販売されています。これらは、症状の緩和効果は期待できますが、原因の治療には繋がらないという事を覚えておきましょう。なお、自律神経のバランスを調整する働きを持つビタミンに関しては、サプリメントなどを購入して服用する事も良いでしょう。

自律神経失調症 処方薬

自律神経失調症と診断された場合、以下のような薬が処方されます。
・精神安定剤
・抗うつ剤
・ホルモン剤
・自律神経調整剤
・ビタミン剤
なお、症状次第では、これら以外の薬も処方されます。

自律神経失調症 漢方薬

漢方は元々、症状や体質に合わせて体のバランスを整えるものなので、自律神経失調症の治療には、とても適していると考えられています。漢方では、自律神経失調症は気の異常と考えられており、それぞれの気の状態と症状や体質に合わせた薬が用いられます。また、西洋薬との併用で、より高い効果を実感できるとも言われているので、興味のある方は主治医に相談してみる事をオススメします。

自律神経失調症の薬に副作用は?

自律神経失調症の薬として用いられているものの中には、副作用を持つものも少なくありません。例えば精神安定剤では、めまい、眠気などの症状が現れる事があります。抗うつ剤も、めまいや吐き気といった副作用を伴う事もあるので、薬の服用をいきなりやめるのではなく、服用量を減らしていくといった形を取りましょう。

様々な薬で対応できる自律神経失調症の症状

症状が多岐に亘る自律神経失調症ですが、それぞれの症状ごとに様々な薬で対応する事が可能です。その為、症状がつらい時は薬に頼ってみても良いでしょう。勿論、依存してしまう事はいけない事ですが、つらさを我慢する必要はないでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です