心の病気とは?仕事が影響?子供や犬の心の病気もチェックしてみよう

うつ病は、およそ15人に1人が経験する心の病気です。その為、決して珍しい病気ではありません。しかし、このうつ病も含めて、男性よりも圧倒的に女性の方が患者が多いとされています。例えば摂食障害は、患者のほとんどが女性と言われています。しかもその中には、思春期の女性も含まれているので、年齢を問わず女性は心の病気に気をつけるべきでしょう。

✔ 摂食障害以外にも若い女性に多い心の病気は?
⇒ 統合失調症は、10代から20代が最も発症リスクが高いと言われています。その為、摂食障害同様に若い女性は要注意です。

✔ うつ病の男女差って?
⇒ うつ病の発症リスクの男女差を比較すると、女性は男性のおよそ2倍となる事から、特に女性は注意が必要です。

✔ うつ病ほど男女差のある心の病気って?
⇒ パニック障害の発症リスクを見てみると、女性は男性の2倍から3倍となっています。その為、うつ病よりもさらに女性の方が発症リスクが高くなっています。

スポンサーリンク

心の病気と仕事の影響

仕事熱心で責任感が強く、真面目といった方は、心の病気にかかりやすいと言われています。何故なら、仕事に一生懸命取り組むあまり、それが完成すると一気に心のバランスを崩してしまう事があるからです。また、こうしたタイプには完璧主義、優先順位がつけられないといった性質も見られます。その結果、働き続けて症状が悪化してしまい、主治医から休職を進められるケースも少なくはありません。もし、休職を進められたのなら、主治医の指示に従いましょう。

心の病気をチェック

心の不調を感じたら、セルフチェックを行ってみましょう。インターネット上には、様々な心の病気のセルフチェックがあります。これらを利用して、自分の状態を把握してみましょう。そして、もし診断結果で不調が認められるようであれば、専門医を一度受診する事をオススメします。

心の病気に入院治療

心の病気には通院治療だけではなく、入院治療もあります。例えば、家の中では落ち着かない、ストレスを感じるといった場合には、入院治療が効果的です。また、医師やスタッフがすぐ近くにいるという事による安心感もあります。さらに、睡眠や食生活面において、規則正しい生活を送る事ができるでしょう。

子供の心の病気

子供にも、心の病気は現れます。大変わかりやすい例が、不登校ではないでしょうか。実際のところ、不登校そのものは病気ではありません。しかし、不登校の原因が心の病気であるという事は、多々あります。子供の心は成長と共に揺れ動く不安定な状態なので、SOSサインがあれば、すぐに親が気付く事が大切です。

犬の心の病気

犬には、強迫神経症や分離不安症といった心の病気が見られます。これらの治療には、人間同様に薬物療法が用いられます。しかし、薬物療法だけでの完治は難しいので、強迫神経症の場合はできるだけ犬の側にいる時間を増やす、分離不安症の場合は飼い主の留守になれさせるといった対処に取り組む事をオススメします。

誰しもがかかる可能性のある心の病気

心の病気は、誰しもが発症リスクを抱えており、特に女性はその発症リスクが高いのが特徴です。自分は大丈夫と思わずに、心や身体の不調を感じたら、休むようにしましょう。また、ストレスも溜め込まず、適度に解消する事が重要です。自分なりのストレス解消法を見つけるようにしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です