膀胱炎の原因は?なぜ女性の方がかかりやすい?膀胱炎の原因チェック

膀胱炎は男性に比べて女性の患者が圧倒的に多い病気です。女性なら一度はかかるといわれる膀胱炎を予防するためにはどんなことに注意すればいいのでしょうか?まずは膀胱炎の原因について知りましょう。

✔ 膀胱炎の原因って?
⇒ 膀胱炎の原因のおよそ80%は大腸菌と言われています。治療には抗生剤の服用もしくは点滴が有効です。膀胱炎には急性膀胱炎、慢性膀胱炎、間質性膀胱炎、出血性膀胱炎があります。

✔ どうして女性の方がかかりやすいの?
⇒ 男性に比べて尿道が短く、肛門や膣に近い女性の方が細菌に感染する可能性が高いからです。

スポンサーリンク

膀胱炎の原因 – 細菌感染

膀胱炎の原因は、細菌感染です。細菌が、尿道から膀胱に逆流して侵入してきます。膀胱は細菌への抵抗力がありますが、疲労やストレスなどで、体力が落ち抵抗力が弱くなると、細菌に感染しやすくなり、膀胱内の細菌が増殖することで膀胱炎になります。排尿は尿道や膀胱に入り込んだ細菌を洗い流す役割ももっています。しっかりと水分をとり、尿意を感じたら我慢をせずにトイレに行くことが膀胱炎を予防するためには大切です。

膀胱炎の原因 – 冷え性

体の冷えに悩んでいる女性は少なくありません。冷え性がある場合、体温が低く、血液の流れが悪いので、細胞の働きも鈍いのが特徴です。冷え性で、特に下半身が冷えてしまうと、膀胱や尿道など、排尿に関わる臓器や筋肉の働きが悪くなり、結果として排尿回数が減ることがあります。排尿する回数が減ると尿道や膀胱に侵入した細菌が長くとどまることになります。しかも冷え性の人の場合は、そうでない人であれば、通常37℃前後を保っている膀胱の粘膜の温度はが低くなっていることがあります。37℃前後の温度では、細菌が侵入しても、繁殖・感染することはないと言われていますが、冷え性で、粘膜の温度が32℃以下になると、細菌の繁殖しやすい温度となり、膀胱炎にさらになりやすい状態なってしまいます。

膀胱炎の原因 – 排尿量の減少

膀胱炎になると、排尿時や膀胱に尿が溜まると痛みがあるために、水分を摂ることを嫌がってしまう人がいますが、膀胱内の細菌を排出するためにも、水分を多めに摂り、尿を作ってどんどん排尿することが大切です。規則正しい生活を心がけ、休めるべきときにしっかりと身体を休め、栄養をしっかり摂り、免疫力を高めることもとても大切です。身体の免疫を高めることで、膀胱内に残った細菌に抵抗力が付き、膀胱炎を防ぐことができます。

膀胱炎の原因 – 基礎疾患

慢性膀胱炎の原因には泌尿器系の基礎疾患があることがあります。高齢者に多い症例で、この場合原因となっている泌尿器系の基礎疾患の治療も合わせて行う必要があります。

膀胱炎の原因 – 大腸菌

膀胱炎の原因の80%は大腸菌と言われてます。原因が大腸菌であれば抗生剤を使っての治療が一般的です。細菌性の膀胱炎は、数日の薬の服用で、症状が改善されますが、一度なると、繰り返し起こる可能性の高い病気です。膀胱炎は、頻尿や、残尿感などの不快感はとても辛いものですし、痛みが出る場合もあります。何度も辛い思いを繰り返さないためにも、水分をたくさん摂り、尿をたくさん出したり、体力を落とさないように気をたり、予防をしっかりすることが大切です。

膀胱炎はしっかりと治療を行うことがとても大切です。表向き症状がなくなったからといって抗生剤の服用を途中でやめてしまうと体の中に原因菌が残ってしまい再発の原因となってしまうこともあります。処方された薬はしっかりと飲みきり、最後まできちんと診察を受けましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です