真珠のロングネックレス もっとも使いやすい長さはどのくらい?

真珠は世界的に見ても格式の高いジュエリーと呼べるでしょう。その為、冠婚葬祭などの幅広いシーンで活用されています。これらの場に招かれる事の多い大人の女性は、是非真珠のロングネックレスを購入する事をオススメします。

■ 長さに基準はあるの?
□ 明確に何cmのものを付けるべきといった基準は定められていません。使いやすい長さは人により異なるので、自分にしっくりくる長さを選びましょう。

■ 何色の真珠のロングネックレスを選べばいいの?
□ お葬式の場合、ホワイト、グレー、グリーンが、結婚式の場合はホワイトが適していると言われています。その為、ホワイトを選んでおくと冠婚葬祭の度のシーンでも使えるので、役立ちます。

スポンサーリンク

真珠のネックレスの使いやすい長さは120cm

真珠のロングネックレスの中でも、使いやすい長さは120cmと言われています。120cmの長さのものは、ロープと呼ばれており、そのままつけると縦長効果を演出する事ができます。また、2連にしてつけたり、ブレスレットとしてもアレンジできるとあって、人気を集めています。

真珠のネックレスの使いやすい長さは人それぞれ

真珠のロングネックレスの使いやすい長さは120cmと一般的に言われている為、この長さのものは数多く見かける事でしょう。しかし、身長の低い女性の場合、長すぎると感じるようです。そこで、使いやすい長さはおへそから大体4cm程度上といった基準を提案しているお店もあります。この他にも、使いやすい長さは身長から60cmを差し引いた長さであるというお店もあります。その為、一概に120cmを選べば良いというものではないと言えます。

真珠のロングネックレスならどのタイプでもOK

真珠のロングネックレスと言っても、様々なタイプがあります。代表的なのが繋ぎ目のないプレーンタイプと留め金のついたクラスプタイプでしょう。ただ、冠婚葬祭で使用する場合、クラスプタイプはカジュアルすぎると考える方もいるようです。そんな方は、プレーンタイプを選んだ方が良いでしょう。また、冠婚葬祭以外でもアレンジして使いたいという場合は、Y字タイプやラリエットタイプといったアレンジ性の高い真珠のロングネックレスをオススメします。

真珠のネックレスは一度つけてみよう

人によって真珠のロングネックレスの使いやすい長さは異なります。その為、一度お店に足を運んでみて、色々な長さの真珠のロングネックレスをつけてみて下さい。付け心地などを参考にしながら、使いやすい長さは、自分で見つけるのが一番です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です