押入れのカビ防止とカビ対策!通気性の悪い押入れはカビの住みか

押入れ カビ

押入れは、密閉性が高い上に湿気を含むものを収納するという性質上、カビが発生しやすい環境にあると言えます。そのため、なんの対策も講じないままの使い方をしていては、押入れの中に湿気を閉じ込めてしまうということをしっかりと理解しておくことが大切です。それでは、具体的にはどのようなカビ対策を実践すればよいのでしょうか。

スポンサーリンク

押入れのカビ対策

湿気を含む布団を入れる場合は、天日干しや布団乾燥機を利用するなどして、少しでも湿気をしまい込まないようにしましょう。また、押入れは上段と下段で湿度が異なってきます。物を収納しておく場所ではありますが、あまりに詰め込みすぎると空気の流れが止まってしまって余計にカビが発生しやすくなってしまうこともあるため、取り出す機会の多いものは下段に、頻度の低いものは上段にといった具合で利用する場所に工夫をしてみましょう。このカビ対策は、収納場所であるクローゼットにも同様のことが言えます。

現在では押入れの湿気を取り除くための除湿剤など、便利なカビ防止用品も多数販売されていますから、これらと併用することも効果が期待できますね。床に簀子を敷いたり、壁とある程度の距離をおいて収納したりして、通気性をよくするというのもカビ対策としては有効な方法と言われています。また、襖を常に閉めておくのではなく、通気性を高めるために扉を開ける時間を設けるというのもカビ対策の一つです。さまざまな方法を用いて、押入れのカビ対策を行いましょう。

押入れのカビ対策用品

カビ対策用品である「ニーズ防カビバイオ君」は、微生物であるバイオの力を利用して空間のカビの増殖を防ぐことができます。押入れは、通気性が良くない上に布団や衣類といった湿気を含むものを収納する場所のため、どうしてもカビができやすい空間となっています。襖を開けておいたり収納方法を工夫したりすることで、湿度を調整してカビの発生を抑えることはできますが、毎日の手間はどうしてもかかってしまいます。

ニーズ防カビバイオ君の効果とメリット

毎日特別な手間をかけることなく、押入れのカビを除去してくれるカビ対策用品のメリットが注目されるようになっています。ニーズ防カビバイオ君は、押入れの天井に張り付けるだけでそれ以外の作業は必要なく、カビやカビにまつわる悪臭を防いでくれるカビ対策用品となっています。製品の中に含まれている500億以上のバイオが、カビを食べて無機物へと分解してくれるため、私たちは特別なにかをしなければならないということはないんですね。バイオのメリットの一つとして、微生物を利用した製品のため酸やアルカリ性の商品を利用する場合とは異なって安心です。

ニーズ防カビバイオ君の用途

ニーズ防カビバイオ君は、押入れ以外にも浴室用に利用することができます。特に浴室は、住まいの中でも温度や湿度、水垢やせっけんの残りカスといったカビが発生しやすい条件を多く整えている空間のため、毎日の掃除がとても大切な場所になっています。押入れ同様、カビ対策用品であるニーズ防カビバイオ君を浴室にも利用することで、日々清潔な空間をつくることができると思います。

押入れのカビ防止用品

バイオから発売されている「バイオ押入れのカビきれい」は、非常にシンプルな方法で押入れのカビ対策を行ってくれます。バイオ押入れのカビきれいは、カビ対策というよりも、カビの発生を抑えるカビ防止用品として注目を集めていると言った方が適切かもしれません。

バイオ押入れのカビきれいのメリット

バイオ押入れのカビきれいの製品の中には、生き物であるバイオが含まれています。製品の中の栄養をもとに、カビの原因となる物質を抑制、空間の中を清潔にすることができる力を持っていまるカビ防止用品です。ただ押入れの天井に張り付け、バイオがしっかりと力を発揮するまでの時間を待っているだけでよいのですから、とても手軽なカビ防止用品と言えるのではないでしょうか。

1ポイントアドバイス

カビ防止用品として使用する際の注意点としては、事前に押入れのカビは除去できるものは除去しておくことと、バイオが死滅してしまわないように防虫剤との併用は避けることの2点が挙げられると思います。これまで衣類にカビがはえてしまって残念な思いをしてきた方、布団の湿気取りが大変だと思ってきた方は、バイオ押入れのカビきれいの手軽さを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です