乳がん検診-検診の方法と目的は?女性の乳がん検診について知りたい

乳がん 検診

乳がんは女性がかかるがんで一番多いがんです。年配の女性だけでなく、若い女性がかかることも、ときには男性がかかることもあるがんです。

乳がんは早い段階で発見することができれば治るがんです。定期的に検診を受け、早期発見につとめましょう。

スポンサーリンク

乳がんについて

Q:乳がんってどんな病気?

A:乳がんは乳房にできるがんです。

Q:早期発見のためにできることは?

A:セルフチェックでしこりを発見したり、検診で要再検査となる、もしくは痛みを感じて受診したことがきっかけで発見するということも少なくありません。体の内側にあるがんと違い、自分で発見しやすいがんでもあります。

乳がん検診の方法

市町村などでも定期的な受診をよびかけている乳がん検診は、以前は医師による触診がメインでしたが、最近では他の検査方法も合わせて実施されています。超音波(エコー)検査やマンモグラフィー検査が一般的です。

乳がん検診 問診

乳がん検診の問診では記載する問診票をもとに日頃の体の様子などを聞かれます。

初潮の時期や妊娠の経験、出産経験の有無、月経の状態などを聞かれることが多く、近親者に乳がんになった人がいるかどうか、乳房に違和感をかんじていないかなどの質問を受けることが一般的です。

自分では関係ないとおもっていることでも、なんらかの病気の症状であることもあるので、気になることがあれば遠慮なく伝えるようにしましょう。


乳がん検診 視触診

乳がん検診では医師が直接乳房やその周辺に触れてしこりやくぼみがないか、リンパの腫れがないかを調べます。

乳がん検診 超音波検査

超音波(エコー)検査は、超音波を使って、各組織や臓器からのエコーを画像化し、検査する方法です。乳房だけでなく、様々な臓器の検査に用いられています。

体への負担が少なく、妊娠中でも受けることのできる検査です。検査方法としては

1. 上半身を脱衣して、ベッドの上に仰向けになる
2. 超音波を体内に透過させるジェルを乳房に塗る。
3. 超音波の機械をあてて、乳房やワキの下をまんべんなく調べる。
4. 左右ともに調べ、ジェルをふき取り検査完了

画像をよりよく見るために暗い部屋で行うことが一般的です。


乳がん検診 マンモグラフィー検査

マンモグラフィー検査は2枚のプラスチック板の間に乳房を挟んで圧迫して、上下左右から撮影する検査方法です。

乳房を圧迫するときに痛みを感じることがあります。検査方法は次のとおりです。

1. 乳房をプラスチック板の上に乗せ、上下から挟む。
2. そのままの状態で、X線撮影。通常、片胸につき1~2枚撮影。
3. 左右ともに撮影し、検査終了。

マンモグラフィーによってすべてのがんが見つかるということではありませんが、特に50代以上の女性のがんについては発見率が高い検査方法です。超音波エコー検査と合わせることで発見率はより高まります。

乳がんは早期発見できれば治る病気です。いかに早い段階で発見できるかが命をわけるといっても過言ではありません。特に気になる症状がなくても定期的に検診を受けるようにしましょう。

乳がんの早期発見にはセルフチェックも有効です。定期的な検診ももちろん大切ですが、自己検診によってより早く異常を感じ取ることができます。セルフチェックは難しいことではありません。日頃からの意識がとても大切です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です