乳がん検査はいくら?乳がん検査費用-20代30代女性も要チェック!

乳がん 検査 費用

日本で一年間に乳がんと診断される人は4万人に登ります。女性がかかるがんとして最も多い乳がんには様々な検査方法があります。乳がん検診というと自分にはまだ関係がないと考える人も少なくありませんが、若い世代でも患者の多い病期です。気になる症状がなくてもしっかり検診を受けましょう。

スポンサーリンク

乳がん検診のQ&A

Q:乳がん検診ってどこで受けるの?

A:乳がん検診は市町村から配布されるクーポンによって無料で受けることもできる検査です。保健センターなどに検診車がきて行う住民検査も多くあります。まずは市町村に問い合わせてみましょう。

Q:乳がん検診どんなことをするの?

A:主な方法としては視触診、エコー検査やマンモグラフィー検査といった画像診断があります。こうした検査で異常が見つかった場合に、細胞診など他の検査方法でより詳しく病状を調べます。

乳がん検診 細胞診とは

細胞の性質を顕微鏡で検査する方法です。

細胞を直接検査できるので、良性か悪性かの診断をほぼ確定することができます。

細胞診としては細い針をつけた注射器でしこりを刺し、細胞を注射器で吸い取ったものを染色して顕微鏡で検査する穿刺吸引細胞診が一般的です。

悪性の疑いはあるものの、確定が難しい場合には分泌液細胞診や太針穿刺吸引組織診といった検査を行うこともあります。

細胞診に用いるより太めの針を超音波をガイドとして使用しながら病変に刺し、組織片を切離・採取して顕微鏡で病理診断する方法です。

特に最近では細胞診よりも組織診のほうがより確実だということで太針穿刺吸引組織診を行うことが世界的にも増えています。


乳がん検診 細胞診にかかる費用

細胞診にかかる費用は数千円程度です。なんの症状もない状態で「検診」として受診し、受ける検査であれば別ですが、乳がん検診の他の検査の結果を受けて病院を「受診」して必要と判断され、受ける細胞診であれば保険の対象となり、その負担はさらに小さくなります。

病気かもしれない、というはっきりしない状況は不安なものです。検査を受けるということ自体も心配かと思いますが、早い段階できちんと検査を受け、必要な治療を受けることが病気をしっかり治すためにはとても大切です。

検査結果にかかわらず、心配なことがあるのであれば早い段階で専門医を受診することが大切です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です