乳腺症の痛みと脇の下や乳房のしこり!乳腺症の痛みの緩和・治療方法

乳腺症,痛み,しこり

女性の身体は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの作用を受け、周期的に変化を繰り返しています。しかし、30歳を過ぎるとホルモンバランスが狂いやすくなり、更年期へと向かいます。その際には、様々な症状が現れますが、乳腺症もその一つです。

スポンサーリンク

乳腺症と乳がんの違いは

乳腺症,乳がん,違い

■ 乳腺症は癌になりますか?
□ 乳腺症は、良性の疾患です。しかし、凹凸のあるしこりを作るため、乳がんと間違えられます。

■ 乳腺症と乳がんの違いはありますか?
□ 乳腺症と乳がんの違いは、同じしこりでも乳腺症は柔らかいしこりです。また、早期段階では乳がんには痛みはありません。しかし、進行するにつれ、痛みは出てきます。


乳腺症の痛みが出てくる場所

乳腺症,痛み,乳房

乳腺症は乳房にできる腫瘍であり、痛みを伴います。発症できる場所から、乳がんを心配されますが良性の腫瘍の為、癌ではありません。療法の乳房にできる場合もあれば、片側のみの乳房にも出来ます。また、特に発症しやすい場所は乳房の上半分の外側にできやすく、人によっては歩行時に痛みを感じる場合もあります。

乳腺症の痛みは脇の下が多い?

乳腺症,脇の下

乳腺症の主な症状としては、乳房のしこり、鈍い痛みですが脇の下のリンパ腺が腫れることもあります。また、脇の下から肩にかけて張る感じや引きつる感覚があります。その為、肩こりやリンパの詰まりのように勘違いされます。

乳腺症の痛みを緩和する方法とは?

乳腺症,痛み,緩和,食生活

乳腺症は乳首に抜けるような痛みがある為、激痛に悩む女性が多くあります。乳腺症はホルモンバランスが崩れることで起こります。その為、痛みを緩和するためには、痛み止めだけでなくホルモン治療を行う必要があります。 日常の中で痛みを緩和させる方法としては、食生活の改善があります。これは悪化させる要因としてカフェインや脂肪があげられている為です。また、海外で注目されている食事療法が、マクロビオティクスです。これは漢方薬学に基づき、食品を陰陽に分けて考えており、偏ることなくバランス良く摂取することにより、体質を改善することを目的としております。幸いなことに、和食は陰陽のバランスが整っている為、メニューには悩まずに取り込むことができます。


乳腺症の痛みの治療方法

乳腺症,治療

乳腺症の痛みとしこりが小さく、症状が軽い場合は経過観察を行います。これは良性の腫瘍の為、手術で取り除く方が傷口の癒着といったリスクがあり、乳房にメスを入れることで精神的に影響を受けます。ただし、突き抜けるような痛みがある場合、痛み止めと共にホルモン治療を行います。

乳腺症は乳がんではない

乳腺症,乳がん,生活習慣

乳腺症は、30代の女性に多く見られます。乳房にしこりができるという症状が、乳がんのものと同じ為、不安になる方が多くおります。しかし、乳腺症は良性の腫瘍なので、ガンになる可能性はありません。また、おなじ乳房の症状として乳腺炎がありますが、こちらは細菌の感染や母乳がうまく出ず、詰まっている為起こる症状です。乳腺症ができた場合は、ホルモンバランスの乱れのサインです。生活習慣を見直す機会と言えます。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です