乳腺症の治療方法-日常生活の食事で気を付けたい食べ物と食事療法

乳腺症 治療

乳腺症に影響を与えている要因の一つに、食事があります。ジャンクフードなどの洋食文化が食べられるようになり、糖分や油分が過剰摂取されるようになりました。必ずしもそれが原因ではありませんが、食生活の変化もホルモンバランスに影響を与えていると思われます。

スポンサーリンク

乳腺症のQ&A

Q:乳腺症がなぜホルモンの影響を受けるのですか?

A:女性ホルモンは30代をピークに減少していきます。特に30代後半から40代半ばにかけてもっとも多く見られ、閉経後には発症数が急減します。これが、乳腺症の発症と女性ホルモンが関係していると思われる要因です。

Q:サプリメントは乳腺症の予防に効果はありますか。

A:サプリメントは足りない栄養を補助する役割の為、それ自体には治療や予防の効果はありません。今はサプリメントの種類も豊富にあり、足りない栄養を補うことができます。しかし、一番良いのは日常の食事から栄養を摂取することです。

乳腺症の治療とは?

乳腺症は良性疾患の為、特に治療を必要ありません。しかし、痛みが強い場合はホルモン治療や薬物による治療が行われます。症状と月経が密接に関連していることから、卵巣ホルモンの変化に乳腺が同調できなくなっていることが考えられます。

その為、ホルモンのバランスを整える必要があります。また、30代は体質の変化がみられるため、生活環境や食事の内容を見直す必要があります。


乳腺症に摂取したい食事・食べ物

乳腺症に良いとされ、積極的に摂取したい食べ物が大豆です。大豆のイソフラボンは女性ホルモンの不足、または過剰分泌を制限する役割があります。併せて摂取したい食べ物が、すじこやアーモンドなど、ビタミンEが豊富な食品です。

ビタミンEはホルモンの分泌を安定化させる作用があります。ただし、これらの食べ物をメインにしてしまうと、栄養が偏ってしまいます。併せてカルシウムや鉄分を摂取するようにしましょう。


乳腺症の食事療法ってどんなの?

乳腺症の食事療法として、マクロビオティクスがあります。これは東洋学に基づいた食事療法であり、海外ではダイエットや体質改善として注目されています。その為、日本人には馴染みやすく、日常生活に取り入れやすいのです。食事療法は、食べ物を陰陽に分けて考えており、中庸になるようバランスよく取る方法です。

しかし、その中でも制限した方が良いとされているのが、砂糖、アルコール、動物性脂肪、カフェインです。これらの食べ物は身体を冷やす作用が強いため、マクロビオティクスでは避けた方が良いとされております。特にカフェインは覚醒、興奮、強心作用があり、自律神経に影響を与えます。

また、納豆や味噌汁はイソフラボンが豊富な上、マクロビオティクス上では良いとされている発酵食品です。これらの食べ物は日本では古くから親しまれている為、身近な食べ物です。

何事もバランスが重要です

食事療法は、良いとされるものも悪いとされるものもバランスよく摂取する必要があります。食は身体を作る重要な要素の為、乳腺症に限らず生活習慣病や更年期障害の予防にも効果的です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です