乳がんのエコー検診とは?乳がんエコー検診の結果や乳がん検診の方法

乳がん,検診,エコー

女性がかかるがんとして最も患者数の多い乳がんは、日本国内で年間4万人の方が毎年乳がんであると診断を受けています。乳がんの発見には自己検診や乳がん検診が効果的です。早期発見できれば治る可能性のとても高い病気なので、日頃からセルフチェックを行い、定期的に検診を受けるようにしましょう。

■ 乳がん検診ってどんなことをするの?
□ 乳がんは乳房にできるがんです。乳がん検診では、問診、視触診、画像をみて病変を探す超音波エコー検査、マンモグラフィー検査などの検査を行い、乳房に起こっている異常を発見します。

■ 乳がん検診ってどこで受けられるの?
□ 自費で検査を受けることもできますが、まずは市町村などで実施している住民検診を受けるのが一般的です。

スポンサーリンク

乳がん検診の重要性

乳がん,検診,重要性

乳がんは人の命に関わる怖い病気です。他の臓器への転移がおこった進行したがんの状態であるⅢ期やⅣ期になるとその生存率は著しく低下し、10年後生存率は20%と言われています。しかし、Ⅰ期までの早期の段階で発見であれば10年後生存率がおよそ90%という高い生存率のがんです。そのため、乳がんの治療は早期発見・早期治療がとても重要で、そのためには自己検診と定期的な乳がん検診の受診がとても大切です。

乳がんの画像検診

乳がん,画像,検診

乳がん検診では問診、視触診に加え画像診断が行われるのが一般的です。画像診断の方法としてマンモグラフィー検査や超音波(エコー)診断があります。レントゲン撮影であるマンモグラフィー検査に比べ、体への負担が少なく、妊娠中であっても受診することのできる超音波(エコー)検査は特に若い女性の乳がんの発見に効果が期待される検査方法です。

超音波(エコー)検査の方法

乳がん,エコー,検診

超音波(エコー)検査は、超音波を使って、各組織や臓器からのエコーを画像化し、検査する方法です。乳房だけでなく、様々な臓器の検査に用いられています。

  1.  上半身を脱衣して、ベッドの上に仰向けになる
  2.  超音波を体内に透過させるジェルを乳房に塗る。
  3.  超音波の機械をあてて、乳房やワキの下をまんべんなく調べる。
  4.  左右ともに調べ、ジェルをふき取り検査完了

画像をよりよく見るために暗い部屋で行うことが一般的です。

乳がん検診の超音波(エコー)検査の結果からわかること

乳がん,検診,結果

超音波(エコー)検査では小さいしこりや石灰化の診断は難しいですが、しこりの内部構造の鑑別がしやすく、乳腺の密な若い人の診断にも使うことができるというメリットがあります。マンモグラフィー検査が40代以上の女性の乳がんの発見率が高いのに対し、20代などの若い女性の乳がんの発見にはこの検査方法での発見率が高いのが特徴です。エコーで異常が見つかった場合にはマンモグラフィー検査をはじめ他の検査方法と合わせて診断を行うことでより正確な検査結果を得ることができます。いずれにしても、乳がんは検診や検査を受けてみないと発見が遅れてしまいます。若いうちから定期的に受診することが大切です。

乳がん検診の超音波(エコー)検査で見つかる異常とは

乳がん,検査,異常
超音波(エコー)検診では乳房にできたしこりを発見することができます。悪性の腫瘍にかぎらず、良性の腫瘍も発見することができ、住民検診などではなんらかの気になる症状がみつかると再検査をすすめられます。再検査が必要といわれても、特に心配のない良性腫瘍なことも多いので、不安も多いと思いますが、まずは詳しい検査を受けましょう。

がん検診というと、なんとなく敷居が高いように感じたり、まだ自分には関係ないと考えがちですが、乳がんは若い女性にも多い病気です。早期発見できるかどうかが命を左右することにもなりかねません。気になる症状がなくても、定期的に検診を受診するように心がけましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です