尿もれの薬-50代60代女性必見!尿もれ改善のためのお薬や体操

尿漏れ 薬

尿もれを起こしてしまう原因の一つに、尿道周辺の筋肉の衰えがあります。ということは、筋肉を鍛えれば改善する可能性があるということです。そのための体操が考えられていますので、簡単に紹介していきましょう。泌尿器科で処方された薬などと併用すれば、改善するのが早くなるかもしれませんよ。

Q:体操で尿もれが治るの?薬との関係は?
A:原因も人それぞれですので、全ての人が絶対に治るとはいいきれませんが、筋肉の衰えによるものだった場合は改善できる可能性があります。くれぐれも「体操で治るはずだから」と病院に行かない・薬を飲むのをやめたなんてことはないようにしてください。

Q:どんな体操をすればいいの?
A:「尿もれ体操」などで検索すると、図解と共に解説が出てきます。慣れないうちは画像や動画を見ながらやってみるといいでしょう。あるいは、泌尿器科で「体操がいいと聞いたんですが、どうすればいいですか?」と尋ねてみてください。

Q:体操をしていても、なかなか尿もれが治らないんだけど?
A:薬や手術ではありませんので、全ての人が尿もれを改善できるとは限りません。また、筋肉の衰えではなく別の病的な原因があった場合は、当然のことながら病気を治さないと尿もれが治ることはありません。服薬・通院と併用してやるものと考えてください。

スポンサーリンク

尿もれを改善する方法

尿もれの薬と尿もれの体操

意外に、尿もれ改善のための体操は激しい運動ではありません。寝転がったり、どこかにもたれた姿勢で肛門や膣を締めるような動きをするだけです。このときのコツとしては、他の場所には余り力を入れないこと。もちろん、確実に治るというものではないので、泌尿器科で薬をもらっている場合にはそちらもきちんと飲みましょう。

<< 薬や通院を忘れずに! >>

特にシニア世代だとあちこちの筋肉が衰えやすくなるため、尿もれも起こしやすくなります。しかし、筋力をつけたとしても、他に病院があった場合は尿もれが解決することはありません。くれぐれも過信せず、泌尿器科の受診や服薬をおろそかにしないでくださいね。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です