女性の尿もれの原因-10~60代の尿もれについて知りたい方必見!

尿もれ 原因

尿もれに悩む女性は意外と多いものです。それだけこの症状にはさまざまな原因があり、各年代層ごとに違いがあるからです。では、いったいどんなものが女性の尿もれの原因になるのでしょうか。

Q:尿もれってお年寄りがなるものじゃないの?
A:最近はそうとも限りません。原因となる病気などが多種多様なため、シニア特有の症状ではなくなっています。また、女性だけでなく多くの男性も悩んでいるので、決しておかしなことでも珍しいことでもありません。

Q:特に気をつけることは?
A:女性の場合尿道が短く、また筋力も男性と比べると弱いため、尿道周辺の筋肉を衰えさせないような工夫が必要です。特に筋力が衰えてくる更年期以降は、尿もれ対策の体操を習慣付けるといいでしょう。

Q:妊娠と尿もれが関係あると聞いたのですが?
A:妊娠中は子宮の拡大により膀胱が圧迫されるため、頻尿気味になったり尿もれが起こりやすくなります。ごく自然なことですので、あまり気にしすぎないのが大切。また、念のために尿もれパッドを使ったり、こまめにトイレに行くように習慣をつけておくと安心できるでしょう。

スポンサーリンク

年代別の女性の尿漏れ原因

女性の尿もれの原因 10代

小中学生くらいの極めて若い世代でも尿もれは起こります。これは筋肉の衰えというよりは未発達によるもので、成長によって解決することもあります。ですが、やはり早く解決しないと辛いもの。シニアと同様、関係する筋肉を鍛える体操を行い、早めの改善を目指しましょう。

女性の尿もれの原因 20代

妊娠している場合は、それによって尿もれが起きることは珍しくありません。まずは安心しましょう。それ以外の場合は、肥満によって下腹部が常に圧迫されているなどの原因でも尿もれが起こりえます。

女性の尿もれの原因 30代

まだ筋肉が衰えやすいという年齢ではありませんから、やはり肥満や妊娠の影響が考えられます。これらに当てはまらない場合は、便秘によって内部で圧迫されている、もしくは元々膀胱が小さいために尿もれしやすくなっていることがあります。内臓の位置が下がっている可能性もあり、さらに複合的な原因のケースもありますので、一度病院で診断してもらうといいでしょう。

女性の尿もれの原因 40代

更年期との関わりが見られます。女性ホルモンの量が減り、子宮や卵巣が縮小するため、内臓の位置が変化するからです。そろそろ筋力の衰えも見え始めますので、できるだけ運動習慣をつけて筋力を保つことも重要になります。

女性の尿もれの原因 50代

更年期で気分が沈んでしまうと、外出を控えるようになることがありますが、これは精神的にも尿もれ予防のためにもよくありません。筋肉の衰えを加速させてしまうからです。こまめにトイレに行けるように場所を確認しておき、行きたくなったら我慢せず行くようにすると尿もれ防止になりますので、積極的に外出しましょう。もちろん機能的な病気だった場合は治療も必要になりますので、一度は検査を受けておきたいところです。

女性の尿もれの原因 60代

多くの女性が尿もれに悩むようになってきます。しかし、機能的なことに加えて精神的に気にしすぎるとますます助長されてしまいますので、「皆同じだから」と気楽になることも大切です。尿漏れパッドなどを使用し、できるだけ心理的な負担を減らすのも有効です。

<< 実は皆、尿もれで悩んでる? >>

ここでは特に女性について取り上げましたが、男性でも尿もれに悩んでいる人は少なくありません。特に中高年以上であれば、三人に一人はこうした悩みを持っているといわれています。「自分だけじゃないんだ」と思うだけでも、心理的な負担が減り改善することがありますので、あまり気にしすぎないのも大切なことですよ。検査やカウンセリングで緩和されるケースも多いので、一度は病院へ行くのがいいでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です