尿漏れと破水-妊娠中期の妊婦さん必見!尿もれと破水の違いって?

尿もれ 破水

妊娠中はいろいろなことに敏感になりがちです。特に、破水に関しては心配ですよね。妊娠中は頻尿になったり尿もれを起こすことも多く、違いがわからなくて不安だという人も多いようです。ここでは、二つの違いや特徴についてまとめてみました。

Q:破水って陣痛の後にあるものだから、陣痛がなければ尿もれですよね?
A:陣痛と破水のタイミングについては個人差が大きいので、一概にどちらが先とはいえません。破水はドバッと出るもの、尿もれはチョロチョロ出るものと勘違いしている人も多いですが、逆の出方をすることもよくあります。赤ちゃんの命にも関わることですから、楽観視せずきちんと産婦人科で相談しましょう。

Q:破水と尿もれの違いって何ですか?
A:ちょっと抵抗があるかもしれませんが、匂いをかいでみてください。尿の場合はアンモニア臭がしますが、破水は羊水のため全く違う匂いがします。しかし、羊水が匂わない人も珍しくはないので、やはり産婦人科へ相談したほうがいいでしょう。

Q:妊娠中期になってから、尿もれが多い気がするのですが?
A:お腹が大きくなるとすぐ側にある膀胱が圧迫されるため、珍しいことではありません。あまり気持ちの良いものではありませんが、尿もれパッドなどで対処しましょう。こまめにトイレに行くのも大切です。

スポンサーリンク

女性の尿漏れと破水について

尿もれと破水の違い

上述のように匂いによる判断もできますが、個人差や嗅覚の状態によって感じ方が違いますので、あまりアテにしないほうがいいかもしれません。もう一つの判断基準としては、尿もれだった場合は尿ですので自分の意思で出したりとめたりできます。これに対し、破水は止めることができません。

尿もれと破水-妊娠中期

赤ちゃんが大きくなると子宮も大きくなります。そして周りの膀胱や腸などを圧迫しますので、頻尿や尿漏れ、便通に影響が出ることはおかしなことではありません。安心してください。しかし、破水だった場合には産婦人科での処置が必要になってきますので、一度見てもらったほうがいいでしょう。37週未満の場合は、できるだけ長く妊娠を継続させるため、感染症を防ぐための対処をすることになります。

<< 赤ちゃんのためにも、まず病院へ >>

このように、妊娠中の尿もれは珍しいことではありません。しかし、いろいろ調べることができるからといって素人判断で決め付けてしまうと、最悪の場合赤ちゃんの命が危険に晒されることになります。それを防ぐためにも、疑わしい場合には必ずかかりつけの産婦人科へ相談しましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です