脳貧血の吐き気、めまい、腹痛症状と治療!妊娠・妊婦の脳貧血の対処

脳貧血

脳貧血は意識を失ってしまう(失神してしまう)時があるぐらいの病気です。脳貧血の症状には、失神めまい吐き気腹痛などがあります。めまいや吐き気はイメージしやすいですが、腹痛症状が出てくるケースもあるのです。また、妊婦(妊娠中の女性)の初期症状にも脳貧血が挙げられます。脳貧血の原因は低血圧や自律神経などが関係しており、ある程度のコントロールが可能になります。人には分かり辛い体質や心の問題なので、なかなか改善や完治させる事は難しいですが、方法によっては、上手く付き合っていく事もできますよ。

スポンサーリンク

脳貧血と自律神経の疑問

脳貧血,自律神経

■ 脳貧血と自律神経失調症とどう関係しているのですか?
□ 脳貧血は、ストレスや精神的な不安が原因で発症する事があり、自律神経失調症がキッカケとなっているのです。

■ 脳貧血になりやすい人はどんなタイプですか?
□ 低血圧の人は当然として、精神にも左右されますから、心配性や神経質の人もなりやすいと思います。

脳貧血と吐き気の症状

脳貧血,吐き気

脳貧血の症状には、吐き気を伴う事が多々あります。脳に酸素が送られない状態が続くと、ふらふらするだけではなく、気分も悪くなってきますし、頭痛も起こりますので、吐き気も伴います。中には嘔吐してしまう人もいますので、気分が悪く感じたら、すぐに楽な姿勢を取るようにした方が良いですよ。

脳貧血とめまいの症状

脳貧血,めまい

脳貧血を起こして、一番多い症状は、立ちくらみやめまいになるでしょう。一過性の症状なので、安静にしていれば、すぐに治る訳ですけど、重い症状の人だと、引きずったり、そのまま失神してしまったりする事もあります。失神やひどい症状の時は、他の疾患も含まれている場合もありますから、早く病院で診て貰う方が良いかもしれません。

脳貧血と腹痛

脳貧血,腹痛

腹痛や便秘といった事も少なからず脳貧血と関係しています。排便時に力んだり、下痢になってしまったりしたら腹痛も起きますが、この時に血圧の関係や自律神経の関係で、脳貧血を起こしてしまう可能性があります。ですから、腹痛以外にも吐き気や脂汗、脈拍が乱れるという事も起こり、腹痛の後に失神してしまう事もあるのです。腹痛の原因自体は、風邪であったとしても、こういう事が起こる可能性がありますので、日頃からのストレスや血圧には注意しておきたいです。

脳貧血とあくび

脳貧血,あくび

脳貧血が起こる前の前兆として、あくび、吐き気、冷や汗といった現象が起こります。特にあくびは、脳に血液(酸素)が足りていなくて、それを補うために起こる現象でもありますから、立ちっぱなしで眠たくないのに、このようになるのなら注意したいですね。あくびのような前兆が起きましたら、すぐにでも低い姿勢を取ったり、椅子に腰かけたり、安全な場所に移動したりするようにして下さい。

妊娠初期(妊婦)の脳貧血

脳貧血,妊婦,妊娠中

妊娠中は、お腹にも血液を回す必要があり、ストレスも掛かるので、脳貧血になりやすい体質になります。これが妊娠初期の場合でも体質が変化していっているので、同じような症状が起こりますし、当然ながら不安などからストレスもあるでしょう。元々気分が悪くなりやすい人なら、尚そういった状況になりやすいので、なるべく立ちっぱなしにならないように気を付けるようにして下さい。

脳貧血の対処・治療はストレスを軽減させること

脳貧血,治療,対処

脳貧血の原因は、低血圧だけではなく、精神的なストレスから来る場合がとても多いです。ですから、これを治療するためには、気持ちをリラックスしてあげたり、不安を解消してあげたりしてあげなければいけません。例えば、お風呂にゆっくり浸かったり、アロマを炊いて、気持ちを落ち着かせたりするのが良いと思いますよ。思春期の頃だけではなく、40代や50代の時の更年期の時もイライラして、さまざまな病気に気を付けないといけない年代なので、気持ちをリラックスさせる事は大切ですよ。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です