妊娠初期の不正出血-茶色・鮮血・量が多いなど、症状と原因について

妊娠初期 不正出血

妊娠の初期には様々な原因で出血しやすくなる傾向があるようです。胎盤を形成する際に出血を起こすことがありますし、婦人科での内診によって膣内に傷がついて出血するケースもあります。しかし、妊娠の22週までの間の出血は、切迫流産の可能性もあるので注意が必要です。

Q:妊娠初期の不正出血の原因は何ですか?
A:着床出血、妊娠によるホルモンの異常、子宮内の胎盤の剥離、流早産などがあり、とくに妊娠の初期は不正出血が多い時期だと言われています。

Q:どのような種類の不正出血が危険なのですか?
A:真っ赤な鮮血や痛みを伴うものなどが、妊娠初期において流早産などの可能性がある危険な不正出血だと言われています。少量であっても、妊娠の初期には様々な危険が伴いますから、すぐに医師に相談をするようにしましょう。

Q:妊娠初期中、夜中に大量の不正出血があったらすぐに病院に行くべきですか?
A:妊娠初期に大量に出血があった場合は、救急などを使ってでもすぐに医師に診てもらうようにしましょう。最近では、緊急用に使える妊婦タクシーなどもありますから、妊娠がわかった時点で万全の体制を整えて準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

妊娠初期の不正出血をチェック

妊娠初期に茶色の不正出血

初めて妊娠をされた方などは、妊娠初期に茶色のおりものが出るなどの不正出血があると心配になる方が多いのではないでしょうか。妊娠初期に出血が見られた場合には、流産などを避けるために医師から絶対安静を言い渡されることが多いようです。体は健康なのだし色々とやらなくてはいけない事もあるのに…と思うかもしれませんが、胎児の心拍が確認できるまでは、医師の指示に従って妊婦はとにかく横になって体を休める事が大切です。

妊娠初期に不正出血が鮮血

妊娠初期の不正出血で心配なので、生理の時のような鮮血が見られるケースです。下腹部痛も伴う場合には、早流産などを起こしている可能性もありますから、すぐに医師の判断をあおぐようにしましょう。茶色の少量の出血よりは、赤く大量の鮮血が出血している場合の方が危険である可能性が高くなります。

妊娠初期の不正出血の量

妊娠初期には、着床出血や婦人科での検診、血腫ができて出血するなど様々な要因で不正出血が起こることがあるようです。定期的に婦人科へ相談に行くのは勿論、出血の量が多い場合には、なるべく早く医師にかかるようにしましょう。

妊娠初期の不正出血の原因

着床出血、ホルモンバランスの乱れによる出血、早流産、胎盤剥離、絨毛性の出血、頸管性ポリープ、子宮出口のびらん等。

<< 妊娠初期の不正出血は多い >>

妊娠初期には、様々な理由で不正出血が起きることが多いようです。切迫流産などの危険な原因で起こることもあれば、妊娠時特有の女性の身体の変化で起こる出血もあり、一概に安全なものなのか、危険な出血であるかの判断がつかないという特徴があります。妊娠をされている方は、緊急時にはすぐに医師に連絡できるように万全の体制を整えておき、いざという時に頼れる産婦人科医を見つけておく事が大切ですね。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です