妊娠したいという思いを叶えるには?妊活に大事なポイントを知る

赤ちゃんを授かりたいという夫婦は、たくさんいるはずです。しかし、そう簡単に妊娠できるかというと、なかなか難しいのが現状です。そこで、赤ちゃんを授かりたいという思いを叶える為には、どんな事を行えば良いのかをご紹介します。

Q:妊娠しやすい体質があるって本当?
A:妊娠したいのであれば、女性はまず健康に気を使わなければいけません。また、栄養バランスの取れた食生活も心がけると、妊娠しやすい体質に繋がります。

Q:運動で妊娠しやすい身体が作れるって本当?
A:運動を行うと、身体の代謝機能が向上し、血液の流れが良くなります。そうすると、妊娠しやすい身体になると言われています。軽いヨガやウォーキングを行うだけで良いので、運動が苦手な方でも取り組む事が出来るでしょう。

スポンサーリンク

妊娠するには・妊娠する方法

妊娠したいという夫婦に多く見られるのが、排卵日を調べて、子作りをするという方法です。確かに、妊娠するには排卵日を調べる事は重要かもしれませんし、妊娠する方法としては合理的です。しかし、排卵日以外の接触は控えているといった場合、夫婦揃って古い精子や卵子を体内に溜め込む事になってしまいます。そこで妊娠するには・妊娠する方法として、排卵日にこだわらず、週に1回から2回のペースで触れ合う事によって、新しい精子や卵子を作り出すようにした方が、効果が期待できるでしょう。

すぐ妊娠したい

年齢やタイミングなどに合わせて、すぐ妊娠したいと考える夫婦もいます。この場合、まずは産婦人科に足を運んで、排卵日を調べてもらうと良いでしょう。そして、排卵日を特定する事が出来たら、その日に子作りを行って下さい。そうすると、早ければその周期の中で、妊娠する事も可能と言われています。

双子妊娠したい

双子妊娠したいという女性も多いようですが、残念ながら自然妊娠の場合、確実に双子妊娠できるという方法はありません。特に一卵性の場合はまさに神のみぞ知るといった状況です。しかし、二卵性の場合は不妊治療によって、生まれる確率が向上すると言われています。ただ、不妊でないにも関わらず、双子妊娠したいが為に不妊治療を受けるという事はできません。その為、確実に双子を生むという方法はありません。

女の子を妊娠したい

残念ながら、女の子を妊娠したいと思っていても、確実に女の子を妊娠できるとは限りません。しかし、排卵日を調べて、その二日前に子作りを行うと女の子の妊娠確率が高くなると言われています。また、男性の精子はある一定の量を超えると、Y精子だけが作られる仕組みになっています。Y精子が多いと男の子が出来やすくなるので、X精子とY精子のバランスが取れるよう、週に1回は触れ合う機会を作るのがベターです。

男の子を妊娠したい

女の子と同様に、男の子を妊娠したいと思っていても、性別を自由に決定する事は出来ません。しかし、排卵日を調べてその当日に子作りを行うと、男の子の妊娠確率が高くなると言われています。また、男性の精子の量を増やす事も影響を与えるとされており、排卵日の3日から5日前は、禁欲期間を設けましょう。そうすると、精子の量が増えるだけでなく、濃度も濃くなるので、男の子を授かりやすくなるそうです。

排卵・無排卵月経と妊娠

無排卵月経とは、生理が訪れても排卵は行われないというもので、妊娠したいと考えている場合、治療が必要です。排卵・無排卵月経かどうかは、産婦人科で調べる事ができますし、基礎体温でも調べる事ができます。基礎体温で調べる場合は、高温期と呼ばれる時期に注目して下さい。もし高温期が一度も訪れなかったら、無排卵の可能性が高いので、産婦人科できちんと診断を受けましょう。

妊娠したいと思ったらすぐ行動

妊娠には、遅い早いといった事はありません。そこで、妊娠したいと思ったらすぐに行動するようにしましょう。実際に年齢を重ねると妊娠しにくくなると言われています。その為、思い立ったら出来るだけ早く行動するのが一番です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です