ニキビの薬-市販薬や皮膚科の処方薬、ニキビの薬について知りたい

ニキビ 薬

ニキビというのは肌トラブルのなかでも多くの方が抱える問題のひとつとなっています。そんなニキビの原因となってくるのは人それぞれによって異なります。人によっては普段の不摂生が原因であることもあれば、ストレスや精神面、肉体面での疲労からくるホルモンバランスの乱れ、女性はなら月経によるホルモンバランスの乱れもその原因のひとつとしてあげられます。

Q:そもそもニキビってなんですか?
A:詰まってしまった毛穴の中で角質や乾いた皮脂などがたまって炎症を起こしてしまっている状態です。

Q:ニキビに種類はありますか?
A:一般的には詰まった毛穴の中が見えている状態の黒ニキビといわれるものと、毛穴が閉じている白ニキビといわれるものがあり、それらが著しく炎症していると赤ニキビといわれることもあります。

スポンサーリンク

ニキビのお薬をチェック

ニキビの市販薬

もちろん、ニキビは皮膚科に行くことで診察を受ければ専門的な薬を処方してもらったり、それぞれに合った対処法を教えてもらうことができますが、市販の薬で改善されるのであればそれに越したことはないと感じる方も多いはずです。市販の塗り薬で有名なのはやはりクレアラシルでしょうか。人によっては硫黄のような香りが気になるという方もいるようですが、赤ニキビで困っている方には殺菌作用もあって良いようです。

皮膚科で貰うニキビの薬

市販の薬や化粧品を試しても効果を感じられなかったという方や、逆に悪化してしまったという方は皮膚科で相談するのが得策です。皮膚科で処方される薬は皮膚の状態などをしっかりと確認した上で処方されるものなので、基本的にはその人に合ったものを勧めてもらえます。しかし皮膚科で処方された薬だったとしても異常な腫れや痒み、痛み乾燥などを感じた場合にはすぐに使用を中止して再度医師に相談するという判断も必要です。

顔のニキビの薬

ニキビの中でも一番困るのはやはり顔にできてしまうニキビではないでしょうか。女性、男性問わず第三者から見ても目に入りやすい顔にできるニキビストレスが溜まる原因にもなります。しかし、それと同時に顔にできるニキビは他の部位にできてしまうニキビよりも繊細な場合が多く、他のところに使って効果を感じられた薬だとしても顔には効果を感じられない、または悪化してしまうということもあります。

@コスメでニキビの薬

幅広い商品を扱い、多くの口コミが寄せられていることでも人気の@コスメではニキビ対策の情報を多く載せています。どんな薬を使って良かった、悪かったなどといった口コミはもちろん、いくつか試してどんな肌質だったからどんな薬(化粧品)が自分には合っていたなどという細かなコメントもあり、参考になります。

ニキビの薬に抗生物質

病院などでニキビに対する処方薬をもらおうとすると場合によっては抗生物質を処方されることがあります。抗生物質は確かに強力な薬でさまざまな病気に効果があるとされていますが、ニキビの場合は抗生物質によって症状を抑えられる菌が自分のニキビに含まれているのかという点が重要になってきます。実際にはニキビの原因が何かということが関係してくるため、大人のニキビであっても関係のない菌によるニキビであれば効果はあまり期待できません。

<<自分に合ったニキビの薬に出会うには>>

評判の良い薬だからと選ぶのではなくまずは原因がなんであるかを自分に問いかけることが必要です。そうしたうえで化粧品や飲み薬、塗り薬を併用して治すだけではなく、予防していくことで自分に合った薬(治療法)と出会う近道になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です