女性のニキビとニキビ跡の悩み!ニキビ跡の消し方・ニキビ跡の治し方

ニキビ,ニキビ跡,消し方,治し方

ニキビの治し方、ニキビの消し方は10代、20代、30代、40代と年代に関わらず、女性なら誰もが気になるところです。また、ニキビが治っても、ニキビ跡が残ってしまうと憂うつになってしまい、ニキビ跡の消し方ニキビ跡の治し方も気になるところです。ニキビそのものができないようにすれば良いのですが、思春期や元々皮脂の分泌が活発な人だとそうもいきません。では、どうしたらうまく跡を消せるのでしょうか。

スポンサーリンク

女性のニキビ、ニキビ跡の疑問

ニキビ,ニキビ跡
■ ニキビ跡って保険効くの?
□ お肌に関することはお金がかかりそうで心配ですよね。皮膚科で診てもらった場合、まずは保険の対象になる塗り薬や抗生物質などが処方されますので、いきなり高額な費用がかかることはさほどありません。美容外科の場合は保険が効かない治療になることが多いので、先に皮膚科へ行くことをオススメします。

■市販の薬でニキビの跡を消せる?
□ インターネット上では、ケシミンがニキビ跡に効くといわれていますね。このクリームにはビタミンC誘導体が含まれており、これが色素沈着(シミ)を改善するので、色素沈着による跡には効果があるかもしれません。皮膚の傷を修復するものではないので、クレーター状の跡の場合は効かない可能性が大ということになります。

■ いろいろ効くって言われてるけど、どれがいいのかわからない……オススメサイトってある?
□ 化粧品であれば、「ニキビ跡を消すならコレ.com」というサイトによくまとまっています。しかし、化粧品の定義は「即効性のないもの」ですので、すぐ治る見込みはほとんどないでしょう。

女性が知りたいニキビの治し方とニキビ跡の消し方

ニキビ,治し方,ニキビ跡,消し方
ニキビの治し方、ニキビ跡の消し方についていくつかご紹介します。

ニキビ跡を消すならコレ.com

ニキビの跡に関するサイトの中では検索上位のサイトですので、皆さんご存知かもしれませんね。しかし、薬は載っておらず化粧品だけなので、全ての人に即効性があるものは掲載されていないと思っても良さそうです。そもそも化粧品は薬事法上「緩やかに効果が出るもの」という大前提があります。同じお金をかけるなら、皮膚科でドクターズコスメを購入したほうがより早く治る可能性が高いでしょう。

ニキビ跡治療の保険について

ニキビ跡を消したい、ニキビ跡を治したいと思われた時は、皮膚科での治療も方法の一つです。皮膚科でニキビ跡の治療してもらう場合は、まず保険適用対象の薬を使うことからはじめます。状態や体質によって抗生物質で菌を抑えたり、塗り薬で炎症を改善したりします。

効かない場合は適用外の治療をすることもありますが、どちらにしろ保険が効くかどうかの説明がありますので、突然高額な費用を請求されることはありません。安心して行きましょう。

ニキビ跡ケアにケシミンクリーム

ニキビ跡のケアにケシミンクリームを考えられる女性もいるでしょう。ケシミンクリームはビタミンC誘導体などがシミの元になる色素沈着を改善するため、ニキビ跡にも効くといわれています。ですが、ケシミンクリームが効くのは色素沈着による茶色っぽい跡のようですので、赤い・クレーター状のニキビ跡には効かない可能性が高いのでご注意ください。

市販薬でニキビ跡を消すことはできる?

簡単にニキビケアができるのは市販薬で、お手ごろ感もありますが、やはり一般的には、市販薬よりお医者さんで処方してもらう薬のほうが早く効きます。処方薬には雑菌を抑える抗生物質が入っており、菌を抑えることができるからです。中には市販薬でも充分という人もいますが、一週間使っても改善されないようなら病院へ行ったほうがキレイに治りますよ。

ニベアでニキビ跡を消すことはできる?

通称・ニベア青缶でニキビ跡が消えたという人もいますが、全ての人がそうなるわけではありません。特に「ガッテン塗り」などの通常とは違う使い方はメーカーが想定していないので、逆にお肌のトラブルを起こしてしまうこともあります。特に皮脂の多い人は要注意です。

ニキビ対策の最善は皮膚科?

ニキビや跡は細菌が原因で起こるものなので、その増殖を抑えて治すのが基本です。しかし何故か、病院の薬よりも化粧品で何とかしようとする人が後を絶ちません。行くのが面倒なのも確かですが、早くキレイに治したいならやはり病院へ行くのが手っ取り早いでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です