手のむくみは病気が原因の可能性?手のしびれや関節痛は注意!

手 むくみ 病気

朝目が覚めると手がむくんだりしびれたりしてたということがある方は注意が必要です。手のむくみは血流の流れや水分量が引き起こすため、ちょっと不規則な生活をしていただけでも起こりうる症状です。しかししびれとなるとよっぽどのことがない限りは自然になるものではありません。もちろんうっかり手を下敷きに眠っていたという場合にはありえないことではありません。

Q:一度だけではなく、最近では何日も続いて目が覚めると手がしびれています。異常でしょうか?
A:繰り返し朝手がしびれる感覚がある場合にはその特徴を持った病気という可能性もあります。

Q:手がむくんでいると同時に手の中(筋肉?)が痛むように感じるのはなぜですか?
A:両方の症状が出る場合には関連した病気の可能性があります。

スポンサーリンク

手のむくみは病気のサイン?

手のむくみと病気

手に限らずですが、むくみは病気が原因となっていることもあります。腎臓や肝臓の機能低下によって老廃物や毒素が体外に排出される働きが鈍ってしまうとむくみを生じるケースもあります。老廃物や毒素祖が体の中に溜まっていくと健康な血液の流れを妨害してしまうため各所にむくみが生じます。肝臓や腎臓が病気というわけではなければ、手のむくみなどは適度な運動や半身浴などで老廃物を体外に排出する手助けをしてあげるのも効果的です。

手のむくみと手のしびれ

手がしびれると感じる場合には手のむくみよりもさらに注意しておくことが必要です。眠っている間にずっと同じ体制をとっていることや、下敷きになってしまうことで手がしびれるということももちろんありますが、あまりにも頻繁に手のしびれを感じるようだと根管症候群などの可能性があるからです。根管症候群は背骨にある神経になんらかの異常をきたしていることで生じる病気で、放っておくと手が動かせなくなることもある危険な病気です。

手のむくみと関節痛

手のむくみを感じるだけではなく、関節痛のような痛みを感じるときにはビタミン欠乏症や痛風を疑っても良いかもしれません。ビタミン欠乏症はその名の通りビタミン不足によるもので痛風と同様に普段の食生活や運動頻度に問題があるとなりやすい病気です。これらの症状があってもそのままにしておくとむくみが炎症を引き起こし関節リウマチになってしまう可能性もあります。朝起き掛けのむくみだけではなく、関節痛やいつもとは違う痛みを感じた場合にはすぐに病院で診断してもらうことをおすすめします。

手のむくみと病気は紙一重

むくみなどはなっても当たり前という意識の方も多く、あまり重要視されない症状のひとつです。そのため、1年以上前からむくみやしびれがあったのに病気に気付かず重症化してしまったケースもあります。熱やのどの痛み同様に手のむくみやしびれは病気の前触れや病気が原因となっていることもあることを忘れないようにしましょう。いち早くむくみやしびれのサインに気付けば病気の早期発見にもつながります。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です